文字サイズ

    特集

    読売中高生新聞の企画・連載をお届けします。
    アニメ

    アニメ道(1)「シティーハンター」

    大スターにお願い

     アニメ制作にたずさわってもう33年目になってしまった諏訪です。ボクの身体はもはや「コナン」をはじめ、多くのキャラクターで出来上がってる気さえします。そんなわけで、これからアニメのあれこれをお話ししますね。

     今回はボクがアニメ化したなかで初の大ヒット作「シティーハンター」(1987年)。北条司先生原作で、当時の週刊少年ジャンプで大人気のハードボイルド作品。主人公の冴羽リョウの声は誰にしようか考えたとき、真っ先に思い浮かんだのが、あの神谷明さんでした。

     当時、すでに、「キン肉マン」のスグル役、「北斗の拳(けん)」のケンシロウ役をされていた大スター。絶対無理だろうなぁ、でもダメ元でお願いしてみようかなぁと、当時20代だった自分は恐る恐る頭を下げてみると…。「冴羽は2枚目、3枚目を兼ね備えたキャラクター。声優としてやりがいがあるよ」と快諾! それが本当にハマりました。神谷さんは後に個人事務所を設立されましたが、名前はなんと「冴羽商事」!

     その後、「YAWARA!」や「名探偵コナン」など数々のアニメ番組を担当することになるなが~い道は、また来月以降、お話しします!

    プロフィル
    諏訪 道彦( すわ・みちひこ
     読売テレビエグゼクティブ・プロデューサーで、「名探偵コナン」などを担当。1959年、愛知県生まれ。

    2018年03月09日 05時20分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP