文字サイズ
    ちょっと気になるニュース、インターネットやSNSで話題のトピックス……。世の中の「今」をお届けします。
    経済

    世界的潮流のブティックホテル…日本にも広がるか

    読売新聞大阪本社編集委員 中村宏之
     少々気が早いかもしれないが、そろそろ夏休みの旅行のことを考えている人もいるだろう。訪日外国人客(インバウンド)が増加していることもあって、宿泊需要は高まりを見せ、日本各地のホテルにも注目が集まっている。そんな中で、近年、存在感を増しているのが「ブティックホテル」という新しいスタイルだ。

    独創性やデザインが特長

    • ブティックホテルならではの個性豊かな客室(東京・渋谷のトランクホテルで)
      ブティックホテルならではの個性豊かな客室(東京・渋谷のトランクホテルで)

     ブティックホテルとは、規模が比較的小さく、独特な発想や創造性、デザイン、サービスなどを売りにするホテルのこと。宿泊価格は一般的なシティーホテルと比べて高めの設定だが、既存のホテルのように画一的なサービスではなく、こだわりの内容や質を求める宿泊客に支持されている。

     もともと1990年代半ばからニューヨークなどの大都市からブティックホテルの波が始まったとされるが、2000年代に入って世界的な潮流となった。08年秋のリーマン・ショックで一時、動きは停滞したが、その後に復活。日本でもそうした流れができはじめている。その一つが東京・渋谷にある「TRUNK(HOTEL)」(トランクホテル)だ。

     同ホテルは、婚礼大手のテイクアンドギヴ・ニーズ(T&G)が17年5月に開業したもので、部屋数は15室。宿泊キャパシティーは60~70人程度と小ぶりだが、シングルルームからキッチン付きのスイートルームまで備えている。このほかオールデイダイニング(レストラン)やタイプの異なる宴会場、結婚式を挙げることができるチャペルも併設している。

    • 外観も従来のホテルとは趣を異にする(同)
      外観も従来のホテルとは趣を異にする(同)

     トランクホテルのコンセプトは「ソーシャライジング」=自分らしい社会貢献=だという。ホテルの備え付けのマグカップやグラスにリサイクル材料を使ったり、室内用のサンダルやジュエリーボックスは他の製品の製造過程で出る端材を使ったりするなど、サステナビリティー(持続可能性)を意識したものになっている。

     宿泊客の大半は外国人旅行客で、その8割程度が欧米人だという。平均客室単価は6万円程度。稼働率は80~85%程度と高い。宿泊料は時期や曜日で変動するが、シングルルームなら1泊3万円台から設定されているそうだ。

    コミュニティー作りの場にも

     ホテルは地域にも開かれており、ロビーではバギーカーに小さな子どもを乗せた近隣のお母さんたちが集まったり、ビジネスパーソンが商談をしたりするなど、様々なコミュニティー作りに貢献している。

    • 野尻佳孝会長
      野尻佳孝会長

     ホテル社長も務めるT&Gの野尻佳孝会長は「これまでになかったホテルを造りたいと考えてトランクホテルを提案した。20年前に結婚式市場に新しい可能性を感じたのと同じ感覚だ。今後、全国の主要都市で10か所ぐらいを目標に展開していきたい」と抱負を語る。

     日本のホテルをとりまく環境は、インバウンド客の多い大阪や京都をはじめ、2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催を控えて東京周辺もホテルの建設ラッシュが続いている。だが、その中心は従来型のビジネスホテルや国内外のチェーンホテルなどだ。

     国内で「ブティックホテル」を自他ともに認めるのは現状、トランクホテルだけとみられるが、同様に独特のこだわりを持ち、一般的なシティーホテルとは一線を画すホテルとして、19年に京都市に「エースホテル京都」が開業予定だ。これは米シアトル発祥のブティックホテルである「エースホテル」が展開するアジア初のホテルとなる。

     さらに、東京五輪が開催される20年には、ラグジュアリーライフスタイルホテルブランドと呼ばれる米マリオット系の「エディション」が、東京の虎ノ門と銀座の2か所で開業を予定している。

     欧米からの観光客誘致のライバルでもある中国、台湾、韓国、シンガポールなど東アジアの国と地域では、ブティックホテルが増えている。今後ブティックホテルの可能性が日本でどれぐらい広がるか。世界からも注目されている。

    2018年05月29日 15時35分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR情報
    PR
    今週のPICK UP
    ハウステンボス旅行など当たる!夏休み特集