現在位置は です

パラグアイは泥臭くハングリー…広山さん語る

 サッカー・ワールドカップ(W杯)南アフリカ大会で、決勝トーナメントにコマを進めた日本代表は29日、パラグアイと8強入りをかけて戦う。

 パラグアイの選手は個人技に優れると言われるが、この国のリーグでプレーした経験を持つ元日本代表でJ2・ザスパ草津の広山(のぞみ)選手(33)は「相手は手ごわいが、日本はパス回しで勝機を」と語った。

 広山さんが南米に渡ったのは2001年。ジェフ市原(現・千葉)からパラグアイの強豪セロ・ポルテーニョに移籍し、中心選手として活躍した。肌で感じたことは、「きれいなプレーより、球際の泥臭さにたけていることだ」と話す。

 パラグアイは産業が少なく、隣国のブラジルやアルゼンチン以上に、国民の誇りと楽しみはサッカー、というお国柄。報酬が月に10万円以下の選手がいる一方、トップ選手はその何十倍も手にする。「W杯での1プレー、1ゴールで彼らの今後の人生が変わる」と広山さん。そんな環境が選手をハングリーにさせ、ボールに強い執念を持たせる。

 広山さんが「要注意」と思うのはFWの2人。長身で技術もあるサンタクルス選手と攻守の起点になるアエドバルデス選手だ。日本代表はどう勝機を見いだすのか。広山さんの答えは「肉弾戦よりパス回し」。相手のペースにのらず、じっくりとパスを回し、じれてきたらスキを突く戦いが効果的と分析する。

 ちなみにゴールを守るビジャル選手は、広山さんが初めて公式戦で点を奪ったGKだ。「僕が点を取れたんだから、日本代表も取れますよ」

2010年6月27日03時04分  読売新聞)


現在位置は です


日程・結果
決勝・3位決定戦予定 (日付と時間は日本時間です)
決勝 オランダ 7/12
3:30
スペイン
3決 ウルグアイ 7/11
3:30
ドイツ
日本代表
  名前 所属 出場回数
GK 楢崎正剛 名古屋 4回目
川島永嗣 川崎
川口能活 磐田 4回目
DF 中沢佑二 横浜M 2回目
田中マルクス
闘莉王
名古屋
今野泰幸 F東京
岩政大樹 鹿島
駒野友一 磐田 2回目
長友佑都 F東京
内田篤人 鹿島
MF 中村俊輔 横浜M 2回目
遠藤保仁 G大阪 2回目
中村憲剛 川崎
稲本潤一 川崎 3回目
阿部勇樹 浦和
長谷部誠 ウォルフスブルク
本田圭佑 CSKA モスクワ
松井大輔 グルノーブル
FW 岡崎慎司 清水
玉田圭司 名古屋 2回目
大久保嘉人 神戸
森本貴幸 カターニア
矢野貴章 新潟