現在位置は です

イエローカード14枚、W杯決勝ダントツ記録

 W杯の今大会では、決勝で計14枚のイエローカード(退場の2枚を含む)が出され、1986年大会の6を大きく超える最多記録となった。

 大会の総得点は145で、1試合平均2・27点は90年大会の2・21点に次ぐ史上2番目に低い数字。86年大会で16強による決勝トーナメント方式が導入されて以降、16強入りの南米5チームは最多、欧州勢6は最少。全64試合の観客動員は計約318万人で、94年大会、前回大会に続く史上3位だった。

2010年7月12日21時10分  読売新聞)


現在位置は です


日程・結果
決勝・3位決定戦予定 (日付と時間は日本時間です)
決勝 オランダ 7/12
3:30
スペイン
3決 ウルグアイ 7/11
3:30
ドイツ
日本代表
  名前 所属 出場回数
GK 楢崎正剛 名古屋 4回目
川島永嗣 川崎
川口能活 磐田 4回目
DF 中沢佑二 横浜M 2回目
田中マルクス
闘莉王
名古屋
今野泰幸 F東京
岩政大樹 鹿島
駒野友一 磐田 2回目
長友佑都 F東京
内田篤人 鹿島
MF 中村俊輔 横浜M 2回目
遠藤保仁 G大阪 2回目
中村憲剛 川崎
稲本潤一 川崎 3回目
阿部勇樹 浦和
長谷部誠 ウォルフスブルク
本田圭佑 CSKA モスクワ
松井大輔 グルノーブル
FW 岡崎慎司 清水
玉田圭司 名古屋 2回目
大久保嘉人 神戸
森本貴幸 カターニア
矢野貴章 新潟