文字サイズ

    ギリシャ戦、速攻対策に2つの戦術あり…李国秀

     ギリシャは、1対1の攻防に強い、堅守速攻のチームだ。決して侮れない。

     先取点が非常に重要となる。日本は、先制することが必要だが、先取点を奪われるリスクは絶対に避けなければならない。もし先にゴールを奪われたら、ギリシャの思うつぼにはまり、さらに失点を重ねる恐れさえある。

     日本がボールをキープする時間が長くなるはずだ。相手ゴール前での創造性、プレーの質の高さが日本の良さだ。初戦のコートジボワール戦と異なり、その特長を出せる展開になるだろう。

     その攻防の中で、相手のカウンターを受けたら、どう対応するか。ボールを無理に奪い返しに行かず、守備網全体をゴール前まで素早く下げれば良い。そしてチームの決めごととして、吉田、森重のセンターバックに長谷部、山口の守備的MF2人を加えた4人は、常に守備を優先したポジションを取ることだ。

     日本の先発メンバーに大きな変化はないだろう。ただし、ワントップは柿谷でスタートしたい。やや線は細いが、技術の高さを生かし、序盤から日本の攻撃を活性化させてもらいたい。

     コートジボワール戦は、見ていてイライラした。日本の選手たちが自分たちの良さを、全く出そうとしていなかったからだ。

     日本サッカーの特長は、素早く考えて素早く動き、アタッキングゾーンで豊富なアイデアを生かした質の高いプレーを見せる――ということだろう。 

     しかし、本田の素晴らしいゴール以外、全く見せ場がなかった。香川はなぜ、もっとドリブルで仕掛けない。長友は、もっと躍動感を見せてほしかった。

     試合は、自分たちがやって来たことをアピールする発表会だ。W杯は、その中でも最大の舞台だ。ACミラン、マンチェスター・ユナイテッド、インテル・ミラノというビッグクラブに所属しているのは、自分たちの良さを買われて移籍したからだろう。その良さを発揮しようとしなければ、見る者をワクワクさせることはできない。

     ただし、ここがサッカーの奥深いところだが、ピッチ上の11人は、監督が決めた規律を守ってプレーしなければいけない。規律と言うと誤解を与える懸念もあるので、役割分担や決めごとと言い換えても良い。例えば、「この試合で、守備的MF2人は決して同時に攻撃参加しない」――などだ。

     この規律は、監督が決め、選手たちに伝える、その試合での根幹的な戦術で、部外者には知らされない。

     さあ、日本サッカーの総力が問われる第2戦が始まる。私なら、「自分たちの良さを出してこい。ただし規律(役割分担、決めごと)を守ったうえで」と言って、選手たちをピッチに送り出す。

     (元ヴェルディ総監督)

    2014年06月20日 06時01分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP

    目力アップ♪

    疲れをほぐして、イキイキと!