<速報> 英首相、EU単一市場からの離脱を正式表明
    文字サイズ

    中国の脅威に対処、米次期国務長官が表明へ

    • ティラーソン氏(ロイター)
      ティラーソン氏(ロイター)

     【ワシントン=大木聖馬】トランプ米次期政権の国務長官に指名されたレックス・ティラーソン氏が、11日に開かれる米議会上院の委員会公聴会の冒頭で行う発言の内容が10日、明らかになった。

     米紙ワシントン・ポスト(電子版)が伝えた。ティラーソン氏は、米国が履行責任を果たして同盟国からの信頼を取り戻し、経済、軍事面で台頭する中国やイスラム過激派組織「イスラム国」などの脅威に対処していく方針を打ち出す。

     冒頭発言は、国務長官就任に向けての所信表明に相当する。ティラーソン氏は、中国を筆頭に、ロシア、イスラム過激主義、イラン、北朝鮮を脅威として列挙し、脅威に対処して安定を獲得するために「米国の指導力を取り戻し、行使しなければならない」と主張する。

    (ここまで320文字 / 残り263文字)
    2017年01月11日 16時36分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    読売プレミアムに登録された方 記事の続きへ
    未登録の方新規登録へ
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP