文字サイズ

    「メキシコ国境の壁」実行意向…ケリー次期長官

     【ワシントン=尾関航也】トランプ次期米大統領から国土安全保障長官に指名されたジョン・ケリー前南方軍司令官は10日、指名承認を審議する上院公聴会で、メキシコ国境沿いに「壁」を建設するとしたトランプ氏の大統領選公約を、実行に移す意向を表明した。

     ケリー氏は「障壁、技術、人員によって南方の国境を固める計画の実施に努める」と述べた。「物理的な障壁だけでは不十分」だとも指摘し、不法移民の流入や麻薬取引の防止には、中南米諸国との協力も不可欠との認識を強調した。

     イスラム過激派対策については「宗教だけに焦点を当てるのは適切ではない」とし、トランプ氏が選挙中に唱えた「イスラム教徒の入国禁止」など極端な政策には否定的な姿勢を示した。

    2017年01月11日 22時32分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP