<速報> 映画監督の鈴木清順さん死去…93歳
    文字サイズ

    偵察総局主導か、元工作員「スプレーは新手法」

     【ソウル=井上宗典】暗殺行為は北朝鮮の対外工作機関「偵察総局」が主導しているとみられ、今回の金正男氏の殺害を巡っても、韓国の情報機関・国家情報院は偵察総局の犯行と分析している。

     北朝鮮は国外でも女性工作員を養成して、暗殺方法や護身術などを教えているとされる。

     今回の事件では、マレーシア警察が15日に逮捕したドアン・ティ・フオン容疑者はベトナム旅券を所持していた。北朝鮮研究機関「コリア先進化連帯」(韓国)の金光仁キムグァンイン所長は「実行犯がベトナム人であれば、利用されただけで、捜査が北朝鮮に及ばないようにする狙いだ」と分析する。

     元工作員の男性脱北者は「北朝鮮の工作員が偽造旅券を使い、ベトナム人になりすましていた可能性もある」と指摘。犯行にはスプレーで毒物を噴射したとの情報もあるが、男性は「これまでは毒針が主流だったが、スプレーは新しい手法だ」と述べた。

    2017年02月16日 17時22分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP