<速報> 映画監督の鈴木清順さん死去…93歳
    文字サイズ

    サムスン電子副会長を贈賄容疑などで逮捕

    • 16日、ソウル中央地裁に聴取のために出頭したサムスン電子の李在鎔副会長(AP)
      16日、ソウル中央地裁に聴取のために出頭したサムスン電子の李在鎔副会長(AP)

     【ソウル=宮崎健雄】朴槿恵パククネ大統領の友人、崔順実チェスンシル被告による国政介入事件をめぐり、特別検察官の捜査チームは17日、韓国最大財閥のサムスングループを事実上率いるサムスン電子副会長の李在鎔イジェヨン容疑者(48)を贈賄容疑などで逮捕した。

     今後、収賄側である崔被告との共謀関係を立証するため朴氏も事情聴取する方針。憲法裁判所で行われている朴氏の弾劾審判に影響を与える可能性もある。

     サムスン創業家3代のトップで初めての逮捕。李容疑者は事実上、グループを率いており、経営への影響は必至だ。

     同チームは1月にも李容疑者の逮捕状を請求したが棄却された。新たな容疑を追加し、14日に再請求していた。16日から審査をしていたソウル中央地裁は17日早朝、「新たに構成された犯罪容疑事実と追加収集された証拠資料などを総合し、拘束の事由と必要性が認められた」として、逮捕状を出した。

    (ここまで396文字 / 残り772文字)
    2017年02月17日 12時35分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    読売プレミアムに登録された方 記事の続きへ
    未登録の方新規登録へ
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP