<速報> 知人女性殺害、元名大生に無期懲役判決…名古屋地裁
    文字サイズ

    米中、対北朝鮮ですれ違い…北京で外相会談

    • 18日、北京で王外相(右)と握手するティラーソン氏=ロイター
      18日、北京で王外相(右)と握手するティラーソン氏=ロイター

     【北京=大木聖馬、蒔田一彦】米国のティラーソン国務長官は18日、北京を訪問し、楊潔チ(ヤンジエチー)(よう・けつち)国務委員、王毅ワンイー外相と相次いで会談した。

     ティラーソン氏が、国連安全保障理事会決議による制裁の厳格な履行など中国による北朝鮮への一層の影響力行使を求めたのに対し、中国側は米国に北朝鮮との対話を促すなど従来通りの姿勢を示すにとどまった模様だ。

     トランプ米政権の閣僚が中国を訪問するのは初めて。両外相は会談後に共同記者会見し、ティラーソン氏は「(米中は)朝鮮半島の緊張は危険なレベルに達しているとの認識を共有している」と述べた。王氏は「中国は終始、非核化の目的を堅持している。朝鮮半島の核問題の本質は米朝間の対立だ」と主張し、米朝間の直接対話を求めた。

    (ここまで338文字 / 残り913文字)
    2017年03月18日 22時36分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    読売プレミアムに登録された方 記事の続きへ
    未登録の方新規登録へ
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP