文字サイズ

    男「イスラム教徒を殺す」…英テロは「報復」か

    • 19日、ロンドン北部フィンズベリー・パーク地区で、歩行者に突っ込んだとされるワゴン車(AFP時事)
      19日、ロンドン北部フィンズベリー・パーク地区で、歩行者に突っ込んだとされるワゴン車(AFP時事)
    • 19日、ロンドン北部で、車が人混みに突っ込んだ現場付近を警戒する警官ら(ロイター)
      19日、ロンドン北部で、車が人混みに突っ込んだ現場付近を警戒する警官ら(ロイター)

     【ロンドン=角谷志保美】ロンドン北部フィンズベリー・パーク地区で19日午前0時20分(日本時間同日午前8時20分)頃、ワゴン車が歩道に突入し、イスラム教徒をはねて、10人に重軽傷を負わせた。

     ロンドン警視庁はワゴン車を運転していた白人の男(47)を殺人未遂容疑で逮捕した。その後、テロ容疑も追加して調べている。

     英国では、イスラム過激思想に感化された人物によるとされるテロが相次いだ。男が「イスラム教徒を殺す」と言っていたとの目撃情報もあり、同警視庁は、イスラム教徒を標的にした「報復」の可能性もあるとみて調べている。

     メイ首相は19日午前、治安関係閣僚らによる「国家緊急治安特別閣議(コブラ)」後の演説で、事件を「イスラム教徒の英国人への卑劣なテロ」と断定した。

    (ここまで333文字 / 残り278文字)
    2017年06月20日 01時54分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    読売プレミアムに登録された方 記事の続きへ
    未登録の方新規登録へ
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP