文字サイズ

    伊など記録的猛暑、サンピエトロ広場噴水止まる

    • バチカンのサン・ピエトロ広場でペットボトルの水を友人にかけてもらって涼む女性(6日、ロイター)
      バチカンのサン・ピエトロ広場でペットボトルの水を友人にかけてもらって涼む女性(6日、ロイター)

     【ジュネーブ=笹沢教一】イタリアをはじめとする南欧や中・東欧で、8月に入ってから気温が40度を超す記録的な猛暑が続き、各地で影響が出ている。

     地元メディアによると、イタリアのローマ周辺では酷暑に加え、水不足が深刻化し、バチカンの観光名所サンピエトロ広場の噴水も止まった。アルプスの氷河を滑る夏スキーの名所として知られる北部ステルビオ峠のスキー場では、平年を上回る氷河の縮小で営業が難しくなり、リフトの運転を中止した。

     北部ロンバルディア州では、例年より10日早い今月4日からワイン用のブドウの収穫が始まった。同州のブドウは6、7月の定期的な雨と8月の激しい暑さによって甘みを増すが、今年は熱波と干ばつを理由に、ワイン生産農家が「収穫を遅らせると品質に影響が出る」と判断。収穫の前倒しに踏み切った。

    (ここまで349文字 / 残り134文字)
    2017年08月12日 19時46分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    読売プレミアムに登録された方 記事の続きへ
    未登録の方新規登録へ
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP

    山へ行こう♪

    初心者も、ベテランも 準備はしっかりと