文字サイズ

    ソウルの駅前に徴用工の像…仁川の公園にも

    • 12日、ソウルの龍山駅前に設置された「徴用工像」(中島健太郎撮影)
      12日、ソウルの龍山駅前に設置された「徴用工像」(中島健太郎撮影)

     【ソウル=中島健太郎】日本の植民地時代に朝鮮半島から動員された徴用工の像が12日、ソウル市中心部の龍山ヨンサン駅前に設置され、除幕式が行われた。

     労働組合などでつくる韓国の市民団体が設置を進めていたもので、式には労組や市民団体関係者のほか、文在寅ムンジェイン政権の与党「共に民主党」の議員らが参加した。

     一方、聯合ニュースによると、ソウル近郊の仁川インチョン市内の公園にも12日、徴用工の像が市民団体によって設置された。

     韓国国内では、ソウルの日本大使館や釜山プサン済州チェジュの日本総領事館前に徴用工像を設置する動きがあり、日本政府が韓国政府に対応を求めている。

    2017年08月12日 20時42分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP

    山へ行こう♪

    初心者も、ベテランも 準備はしっかりと