文字サイズ

    負傷者救助団体の施設襲撃、7人射殺…シリア

     【カイロ=本間圭一】シリア北西部イドリブ県で12日、内戦の負傷者らの救助にあたる民間団体「シリア民間防衛隊(ホワイト・ヘルメッツ)」の事務所が武装集団に襲撃され、隊員7人が射殺された。

     同団体が13日、本紙に明らかにした。いずれも頭部を撃たれた模様で、同団体の施設が直接攻撃されるのは異例という。昨年のノーベル平和賞の有力候補だった同団体は、今年も候補に推薦されている。

     同県は、アサド政権と戦う反体制派の拠点。現場付近を支配する反体制派の連合体は、今回の襲撃を非難した。犯行声明は出ておらず、イスラム過激派組織「イスラム国」が、反体制派を動揺させるために攻撃したとの見方も出ている。

    2017年08月13日 21時56分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP

    山へ行こう♪

    初心者も、ベテランも 準備はしっかりと