文字サイズ

    日露平和条約は「多くの課題」…プーチン氏

     【ダナン=花田吉雄】ロシアのプーチン大統領は11日、ダナンで記者会見し、北方領土問題に関連し、日露間の平和条約締結について「多くの課題がある」として、解決には長い時間を要するとの認識を示した。

     プーチン氏は「ロシアは、日本が安全保障面でパートナーに対しどんな義務を負い、それが平和条約締結交渉にどう影響するかを見極めなければならない」と語り、日米安全保障条約に関する議論が日露交渉のカギを握るとの考えを示した。

     プーチン氏は平和条約締結に向け、「課題解決は大きな作業で、1年間では終わらないかもしれない」とし、「誰が政権の座にあるかに左右されない。安倍かプーチンかといったことは重要でない」と述べて、安倍首相や自身の大統領在任中の実現にはこだわらないとの認識を示した。

    2017年11月12日 08時54分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP