文字サイズ

    北対応、ASEANに連携呼びかけへ…安倍首相

     【マニラ=田島大志、大重真弓】東南アジア諸国連合(ASEAN)関連首脳会議が13日、フィリピンの首都マニラで開幕した。

     安倍首相も出席する。首相は北朝鮮の核・ミサイル開発への対応を最重視して、各国に連携を呼びかける考えで、14日には、東アジア首脳会議(EAS)に臨む。トランプ米大統領もEASなどASEANとの会合に出席する予定だ。

     首相は12日にマニラに到着し、一連の会議に先立ち、インドネシアのジョコ大統領と同日、会談した。首相は、「北朝鮮に対する圧力を高めるという力強いメッセージを発するため連携したい」として、北朝鮮への対応で協力を求めた。ジョコ氏は「北朝鮮の核・ミサイル開発の動きを懸念している。毅然きぜんとした対応をしていきたい」と応じた。国連安全保障理事会の制裁決議を厳格に履行していくことでも一致した。首相は同日、マレーシアのナジブ首相とも会談し、北朝鮮問題を巡り連携する考えを確認した。

    (ここまで405文字 / 残り433文字)
    2017年11月13日 14時07分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    読売プレミアムに登録された方 記事の続きへ
    未登録の方新規登録へ
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP