文字サイズ

    「イスラム国」処刑現場か…400遺体埋葬発見

     【カイロ=本間圭一】イラク治安当局者は12日、同国北部ハウィジャ近郊で、虐殺された遺体の集団埋葬地を発見したと明らかにした。

    埋葬されていた遺体は約400人に上り、イスラム過激派組織「イスラム国」による処刑の現場とみられている。

     ハウィジャは北部の要衝で、イラク軍が今年10月、「イスラム国」から奪還した。地元の目撃者らによると、「イスラム国」はこの現場付近で、支配に反抗する市民らを銃殺して遺棄し、ガソリンをまいて火を付けていたという。

    2017年11月13日 21時58分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP