文字サイズ

    慰安婦「日本に解決促す」合意破棄は否定…文氏

    • 10日、ソウル駅で文在寅大統領の記者会見を中継するテレビを見る人々(AP)
      10日、ソウル駅で文在寅大統領の記者会見を中継するテレビを見る人々(AP)

     【ソウル=水野祥】韓国の文在寅ムンジェイン大統領は10日、ソウルの大統領府で新年の記者会見を開いた。

     2015年末の慰安婦問題をめぐる日韓合意について、日本に「真実と正義という原則に立った解決を促す」と述べ、何らかの追加措置を求めていく方針を示した。

     文氏は「(日本と)公式的な合意をした事実は否定できない」とする一方「間違った結び目はほどかなければならない」と語った。

     元慰安婦を支援するために設立された財団に日本政府が拠出した10億円の処理について「日本政府、元慰安婦、支援団体と協議する」とし、合意が得られる前提で「慰安婦問題を解決できる何か良い目的で使えるとすれば望ましい」と語った。日本に返還せず、元慰安婦らへの支援策に役立てる考えを示したとみられる。

    (ここまで334文字 / 残り589文字)
    2018年01月10日 13時26分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    読売プレミアムに登録された方 記事の続きへ
    未登録の方新規登録へ
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP