文字サイズ

    ペルーで内閣改造、フジモリ派入閣せず

     【リオデジャネイロ=田口直樹】南米ペルーのクチンスキ大統領は、フジモリ元大統領(79)の恩赦を巡る混乱が続く中、内閣改造を実施した。

     昨年12月に大統領罷免ひめん決議案が国会で否決された際、棄権に回ったフジモリ氏の次男ケンジ氏に近い議員の入閣はなかった。

     内閣改造は9日で、クチンスキ氏はイメージ刷新に加え、政権基盤の立て直しを図りたい考えとみられる。同氏は新閣僚の宣誓式で「貧困や治安、汚職の問題と闘うため、我々は違いを超えて団結しなければならない」と述べ、和解を訴えた。閣僚19人のうち10人は再任だった。

    2018年01月12日 08時58分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP