文字サイズ

    訪韓成果に正恩氏「満足」…高官級代表団と面会

     【ソウル=岡部雄二郎】朝鮮中央通信は13日、北朝鮮の金正恩キムジョンウン朝鮮労働党委員長が12日、平昌ピョンチャン五輪開幕に合わせて韓国に派遣していた高官級代表団と面会したと報じた。

     正恩氏は訪韓の成果に「満足」の意を示した上で、「和解と対話の良い雰囲気をさらに昇華させ、すばらしい成果を引き続き積み重ねていくことが重要だ」と述べ、南北関係改善に向けた具体策をまとめるよう関係部署に指示した。

     北朝鮮は、代表団が11日に帰国してから間を置かずに正恩氏の反応を発信することで、対話への意欲を改めてアピールする狙いがあるとみられる。

     同通信によると、面会には、9~11日に訪韓した正恩氏の妹、金与正キムヨジョン党中央委員会第1副部長や金永南キムヨンナム最高人民会議常任委員長ら代表団4人全員が出席した。「最高指導者の特命を受けて活動した」とされる与正氏は、文在寅ムンジェイン韓国大統領との会談結果のほか、「韓国滞在中に把握した南(韓国)側の意向や米国側の動向」についても報告した。

    (ここまで449文字 / 残り93文字)
    2018年02月13日 10時54分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    読売プレミアムに登録された方 記事の続きへ
    未登録の方新規登録へ
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP