文字サイズ

    北の応援団や芸術団に28億ウォン支援…韓国

     【ソウル=岡部雄二郎】韓国政府は14日、平昌ピョンチャン五輪に派遣された北朝鮮の応援団や関連行事に参加した芸術団の宿泊費用などとして、「南北協力基金」から約28億6000万ウォン(約2億8400万円)を支援することを決めた。

     大会組織委員会など受け入れに関わった関係団体に支給する。統一省によると、韓国国内の国際大会に北朝鮮が参加するための費用としては過去最高額となる。

     金正恩キムジョンウン朝鮮労働党委員長の妹、与正ヨジョン氏ら高官級代表団の滞在費用などは別の関連予算から支出したという。

       ◇

     菅官房長官は14日の記者会見で、韓国政府が平昌五輪に合わせた北朝鮮の女性応援団の訪韓費用などの負担を決めたことに関し、「北朝鮮に対する圧力を弱めかねない行動は避ける必要がある」と懸念を示した。菅氏は「韓国側からしっかり情報提供を受けながら、日米韓3か国で政策のすりあわせを行っていきたい」と述べた。

    2018年02月14日 21時28分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP