文字サイズ

    セクハラ疑惑告発にピュリツァー賞…運動契機に

    • 16日、一連のセクハラ報道でピュリツァー賞を受賞し、喜びの言葉を述べるニューヨーク・タイムズ紙の記者ら(米ニューヨークで)=同紙提供、AP
      16日、一連のセクハラ報道でピュリツァー賞を受賞し、喜びの言葉を述べるニューヨーク・タイムズ紙の記者ら(米ニューヨークで)=同紙提供、AP

     【ニューヨーク=橋本潤也】米国の優れた報道などに贈られる2018年度のピュリツァー賞が16日発表された。

     公益部門ではハリウッドの大物プロデューサー、ハーベイ・ワインスタイン氏らのセクハラ疑惑を告発したニューヨーク・タイムズ紙とニューヨーカー誌が受賞した。報道を機にセクハラ被害を告発する「Me Too(私も)運動」が米国の政界やメディア界だけでなく、世界中に広がったことなどが評価された。

     国内報道部門は、ロシアによる16年米大統領選への干渉疑惑や、ロシアとトランプ米大統領の選挙キャンペーンとの関係などを報じたワシントン・ポスト紙とニューヨーク・タイムズ紙が受賞。ニュース写真部門は、米南部バージニア州シャーロッツビルで昨年8月、白人至上主義のデモに参加した男の車が、反対派グループの列に突っ込んだ瞬間を捉えた地元紙デイリー・プログレスのカメラマンが受賞した。

    2018年04月17日 18時22分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP