文字サイズ
    ライフネット生命保険

    ネット生保会社の創業者が見るジャーナリズム~出口治明氏(前編)

     ライフネット生命保険会社を立ち上げ、業界の革命児とも呼ばれる 出口治明 ( でぐちはるあき ) さんは、古今東西の書物を渉猟し、その知識と見識を生かして読売新聞では書評欄の読書委員を務めるなど、テレビや講演会でも引っ張りだこの存在です。ジャーナリズムに対しても深い見識があり、ネットの台頭で苦しんでいる既存メディアのありように対しても、これまでにない鋭い指摘をしていただきました。

    ライフネット生命保険株式会社(東京都千代田区)で
    聞き手 読売新聞メディア局次長 原田康久

    60歳でネット生保会社を開業

    • 出口治明(でぐち・はるあき)=1948年三重県生まれ。京都大学を卒業後、1972年に日本生命保険相互会社に入社。同社を退社後、2006年に生命保険準備会社を設立し、代表取締役社長に就任。2008年の生命保険業免許取得に伴い、ライフネット生命保険株式会社を開業。2013年に代表取締役会長に就任。2017年6月から創業者として、ライフネット生命の広報活動・若手育成に従事。著書多数。
      出口治明(でぐち・はるあき)=1948年三重県生まれ。京都大学を卒業後、1972年に日本生命保険相互会社に入社。同社を退社後、2006年に生命保険準備会社を設立し、代表取締役社長に就任。2008年の生命保険業免許取得に伴い、ライフネット生命保険株式会社を開業。2013年に代表取締役会長に就任。2017年6月から創業者として、ライフネット生命の広報活動・若手育成に従事。著書多数。

    ――出口さんはさまざまなところで情報発信をされています。歴史や国際情勢はもちろん、経済にも大変くわしい。きょうはネットでの世論形成についてなど、幅広くお聞きしたいと思いますが、その前にまず、ネットの生命保険会社を立ち上げられた経緯からお聞かせください。

     たまたまなんです。人と人とのめぐりあわせで保険会社をつくりましょうという話になったということです。「生命保険ってなんだろう」と改めて考えてみると、これは皆さんの財布からいっぱいお金をもらう仕事だと。そこで皆さんの財布を調べようと思ったんです。財布って、要するに所得でしょ。その所得を調べたら、どうも日本人は貧しくなっている。そりゃあそうですよね。低成長ですから。

     さらにくわしく調べると、20歳代の若い世代がすごく貧しいことが分かったんです。年収300万円くらいしかない人がたくさんいる。これを放っておいたら、当然、晩婚になりますよね。そして晩婚は少子化につながりますよね。こんな社会は良くないなと思ったんです。では、どうすればいいかといえば、保険料を半分にして、安心して赤ちゃんを産んでもらおうと思ったんですよ。保険料を半分にしようと思ったら、インターネットを使うしかありませんでした。

    缶ビールと居酒屋のビール

    • 保険料を半分にして、安心して赤ちゃんを産んでもらおうという思いが原点(写真はイメージ)
      保険料を半分にして、安心して赤ちゃんを産んでもらおうという思いが原点(写真はイメージ)

    ――対面販売で人件費をかけていたら、安い保険料ではペイしないということですね。

     ビジネスモデルは缶ビールですよ。缶ビールは200円ですが、同じものを居酒屋で飲んだら500円するでしょ。同じビールですよ。何が違うのかと言えば、居酒屋の500円は、200円の仕入れ原価に、店の家賃、光熱費という物件費と、(給仕などを担当する)お兄さんやお姉さんの人件費がのっているわけです。ライフネットが保険料を半分にできるのは、皆さんがネットを通じて缶ビールを買ってくださるからですよ。レガシーと呼ばれる昔の保険会社は、ビールを売るお姉さんを、一等地のきれいなビルに集めて、皆さんの所までビールをつぎに来てくれるので、500円になる。当たり前ですよね。

     でも、日本の状況を考えたら所得は下がっているし、高い保険しかなかったら、20代は保険に入ることもできなくなる。これは良くない。じゃあ、せっかく新しい保険会社を作るんだったら、保険料を半分にしようと思ったんです。ネットを使ったのは、そのための道具っていう、それだけですね。

    ――ご自身はインターネットに親しんでいたんですか。

     いや、まったく。2006年のことですから。手先も不器用ですし。でも、他に方法がないので、ネットの会社にしたんですよ。

    2017年11月21日 05時20分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR情報
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP