文字サイズ
    ライフネット生命保険

    「ジャーナリズムとは何か」を問う…出口治明氏(後編)

    前編から続く)

    物事の本質を見極めよ

    • 「物事の本質を見極めなければ、メディアが面白い記事を書けない」
      「物事の本質を見極めなければ、メディアが面白い記事を書けない」

    ――連合王国は大陸と離れて生きていくことはできないというお話でしたが、であれば、EU離脱と言う結果が連合王国の未来までを決めるのではなく、あの国はまた、大陸に接近せざるを得ないということが分かるわけですね。

     国民投票後の総選挙で早くも反動が出ましたよね。メイ首相は議席を減らしています。強行離脱と言ったら、みんな「ちょっと待てよ」となったわけです。

    ――そういう物事の本質を、常にメディアの人間が見極めなければといけないということですか?

     そうじゃないと、ろくな記事を書けないし、面白くない、ということですよ。日経新聞はFT(フィナンシャル・タイムズ)の記事の転載を行っていますが、FTと日経記者の記事が同じ紙面に載ると、差がありすぎてかっこ悪い。これを契機として、日経の記者がもっと発奮して、FT並みの記事を書けるように成長してほしいですね。

    実践と研究を繰り返す

    • 実践と研究を繰り返して一人前になっていく(イメージ)
      実践と研究を繰り返して一人前になっていく(イメージ)

    ――出口さんは、そのためにはダブルマスターくらいは必要だとおっしゃる。アカデミズムと連携するのはやはり大事なことですか? アメリカの新聞記者は、現場と大学を行ったり来たりして、実践と研究を繰り返しながら一人前になるようなことを聞いたことがあります。

     当たり前です。記者だけではなく高級官僚もそうですよ。政権交代でクビになったら研究所やシンクタンク、大学に戻って勉強して、またポリティカル・アポイントメントで、戻ってくるわけです。

    ――実践で学んだことを、研究の場で検証するというイメージですか。あるいは、理論を学んで実践の場で試す。少なくとも日本では、そういう流れになっていないのが現状です。

     読売新聞は日本最大のメディアなので、ぜひ真っ先にチャレンジしてみてください。みんなまねすると思いますよ。

    ――そうすると、ネットが直接の脅威ではなくなりますか。

     ネットが脅威というよりも、中身が面白ければ紙でもネットでも人は記事を読むはずで、現状は、場合によっては、ネット上の素人が書いている記事のほうが面白いから、メディアの記事が読まれなくなっているんです。

    2017年11月29日 12時40分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR情報
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP