タンデム自転車公道OK 県警、年度内解禁へ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 県警は12日、2人乗りの「タンデム自転車」について、公道での走行を認める改正県道路交通規則案をとりまとめ、今年度中の施行を目指していることを明らかにした。

 県議会一般質問で、楠本千秋議員(自民)の質問に小山巌県警本部長が答えた。

 2人乗りタンデム自転車には、ペダルとサドルが前と後ろに、縦列で付いている。通常の自転車より発進時にふらついたり、小回りが利かなかったりする一方、後ろはハンドルを操作する必要がないため視覚障害者が乗ることもできる。

 県警交通企画課によると、6月末現在、福岡や大阪など24府県が公道での走行を認めている。県内でも、昨年5月、障害者団体などから県公安委員会に要望があり、県警が同規則改正へ協議を重ねてきた。

 県警は、20日まで県警のホームページでパブリックコメントを行っており、小山本部長は「パブコメの結果を踏まえ、公道走行に特段の支障がないと認められる場合は、今年度中の施行を目指す」と述べた。

無断転載禁止
792670 0 ニュース 2019/09/13 05:00:00 2019/09/13 05:00:00 2019/09/13 05:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

ラグビーワールドカップ

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ