文字サイズ

    ニュースリリース

    中部国際空港株式会社
    <開催レポート>名古屋城の金シャチ実物大レプリカが鹿児島県に初上陸!「名古屋おもてなし武将隊による金シャチお披露目セレモニー」

    8月7日(火)~8月31日(金)金シャチの写真撮影したお客様全員に名古屋名物坂角総本舗の海老せんべい“ゆかり” をプレゼント

    中部国際空港セントレア(所在地:愛知県常滑市 以下、セントレア)は、名古屋市・鹿児島空港ビルディング・坂角総本舗と連携して、名古屋城の金シャチ実物大レプリカを8月7日(火)~8月31日(金)の夏休み期間中、鹿児島空港に展示いたします。これを記念して、8月7日(火)鹿児島空港にて「名古屋おもてなし武将隊による金シャチお披露目セレモニー」 を開催いたしました。

    名古屋おもてなし武将隊が鹿児島に参上!金シャチ実物大レプリカを紹介
    セレモニーでは、名古屋城を拠点に活動をしている名古屋おもてなし武将隊が登場し、名古屋の誇りである金シャチ実物大レプリカについての説明とお披露目を行いました。
    おもてなし武将隊陣笠の踊舞(とうま)は今回のイベントについて「この夏、鹿児島=中部間が、1日最大10往復就航するということにちなみ、鹿児島の方により名古屋を知っていただき、お越しいただきたい、という願いを込め、名古屋城の金シャチの実物大レプリカを鹿児島空港に設置し、名古屋の魅力を発信してまいろうという次第 」と話しました。
    また、おもてなし武将隊の織田信長は金のシャチホコについて「金シャチは大阪城と名古屋城にしかない。尾張の象徴であるこの金シャチレプリカは、過去には名古屋の姉妹都市であるシドニーでも展示されたものである。名古屋城で実物を見てほしいが、まずは名古屋を身近に感じてもらうために、鹿児島空港に持ってきた次第」と説明いたしました。

    名古屋土産として定番の海老せんべい『ゆかり』をプレゼント!
    8月7日(火)~8月31日(金)の展示期間中、金シャチの写真を撮影したお客様全員に、名古屋土産として定番の坂角総本舗の海老せんべい “ゆかり” をプレゼントいたします。
    セレモニー後半では、おもてなし武将隊の踊舞が海老せんべい “ゆかり” に関して「名古屋の土産と言えば、坂角の海老せんべい。明治二十二年の創業以来、長きに亘って、尾張名古屋の民に愛され続けている。」と説明。
    また、坂角総本舗の山田から、「鹿児島と名古屋のご縁を結ぶためにやってまいりました。海老せんべいの袋には“縁”という文字がかいてあります」と紹介しました。
    今回のセレモニーでは、おもてなし武将隊の信長から手渡しでゆかりを貰えるということで、見に来ていた老若男女がこぞって列を作りました。ゆかりをもらった人は「海老せんべい好き!美味しい」「信長様はよかにせ(かっこいい)」などと話し、鹿児島空港に突然現れた金シャチと海老せんべいを楽しんでいました。
    この金シャチの展示をきっかけに、鹿児島から名古屋への旅行者が増えることを期待しております。

    ■金シャチについて
    「尾張名古屋は城でもつ」のフレーズで知られる名古屋城、その大天守に黄金に輝く金のシャチホコは、築城以来400年の歳月を越えて、尾張名古屋の誇りとして、広く愛され続けています。
    今回、鹿児島県に初上陸する名古屋城の金シャチ実物大レプリカは、1984年に開催された名古屋城博の収益金を基に制作されたもので、これまで、名古屋市の姉妹都市であるシドニー市など、国内外のイベントで名古屋のシンボルとして展示されてきました。

    ■名古屋おもてなし武将隊について
    名古屋にゆかりのある武将6名と陣笠4名で名古屋城を拠点に活動を開始。
    名古屋の代表として、歴史の語り部として「人と文化と歴史の、絆を結ぶ」べく、日々戦場を駆け巡っています。
    毎日名古屋城にて、観光客のお出迎えや記念撮影などの「おもてなし」をしたり、土日祝日には臨場感あふれる殺陣や寸劇、和太鼓や甲冑ダンスなど感動あり、笑いありのパフォーマンス「おもてなし演武」を行っています。
    HP:http://busho-tai.jp/profile/
    2018年8月8日 データ提供