文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

健考カルテ最新の医療や健康管理の秘訣などについて専門家がわかりやすく解説します。

認知症とともに生きる~疾患についての正しい理解が第一歩~

八千代病院
愛知県認知症疾患医療センター
センター長
川畑 信也(かわばた・のぶや)先生

 認知症に関する情報がさまざまなメディアで盛んに報じられていますが、いざ自分や身近な人が発症した場合、適切に対処できるでしょうか。認知症は2025年には予備軍である軽度認知障害の人も含めると、65歳以上の3人に1人と予測され、いつ誰がかかってもおかしくない状況です。八千代病院 愛知県認知症疾患医療センター センター長の川畑信也先生は「認知症は家族や周囲の人の接し方が一番のポイント。病気のことを正しく理解することが、適切なケアの第一歩になる」と強調します。

Q認知症とは、どんな病気ですか?
A認知機能が低下し、生活に支障をきたす

 認知症とは、これまで身に付けてきた知識や技術が後天的に低下して、社会生活や家庭生活、仕事に支障をきたした状態です。

 認知症の原因となる病気は70~100あるといわれ、代表的なのはアルツハイマー型認知症、血管性認知症、レビー小体型認知症の三つです。その中で圧倒的に多いのが脳の神経細胞が減少し、脳の萎縮が進行するアルツハイマー型認知症で全体の約6割を占めています。当院の「もの忘れ外来」を受診する人の3人に2人がアルツハイマー型認知症です。

Q認知症と気付くきっかけは?
A物忘れ、怒りっぽい、意欲減退など

 日常生活の中でアルツハイマー型認知症を疑うきっかけとなるのは、「もの忘れ(おき忘れ、しまい忘れ)が多くなってきた」「同じことを何回も聞いてくる、言ってくる」「今までできていたことに対して確認することが多くなってきた」「怒りっぽくなった・些細なことですぐに怒り出す」「意欲がなくなった」「自分から何もしない」ことが多くなってきた―など。

 本人が自ら受診するよりも、家族に連れられて受診した場合の方が、認知症と診断される割合が高くなっています。周囲がこれらの症状に気付いたら、早めにかかりつけ医や専門医療機関に相談することをおすすめします。

Q加齢による物忘れとの違いは?
A日常生活に支障があるかどうか

 加齢によるもの忘れは、体験の一部を忘れるだけで、ヒントがあれば思い出すことができ、場所や時間は正しく認識できますが、アルツハイマー型認知症では、体験したこと自体を忘れ、ヒントを与えられても思い出せず、時間や場所などの認識が混乱します。両者を区別する最大のポイントは、日常生活に支障があるかどうかです。ただし、ごく初期の認知症で症状が軽い場合は厳密に区別することが難しいケースもあります。

Q医療機関ではどんな検査を行いますか?
A家族からの病歴聴取が最も大切

 認知症の診断で最も重要なのは、本人と家族への問診です。認知症の方は、自分が病気とは思わず、話をとりつくろってしまう特徴があります。このため、普段の生活状況をよく知っている家族や周囲の人たちから、普段どんな生活をしていて、いつ頃からどんな症状が現れたのかについて、丁寧に聴くことが大変重要です。

 血液検査で他の病気がないかを調べ、改訂長谷川式簡易知能スケール(HDS‒R)などの認知機能検査やCT、MRIなどの画像検査を行いますが、これらの検査は参考にはなっても、診断の決め手にはなりません。認知症には血圧や血糖値のように数字で判断できる指標がないので、特に軽度の段階では容易には診断ができないことも多いのです。すぐに診断ができない場合は、半年ほど経過をみて慎重に診断します。

Qどんな治療法がありますか?
A薬と上手な介護の組み合わせがベスト

 現在使われている薬は、神経伝達物質の減少を抑えるコリンエステラーゼ阻害薬と、情報伝達を整えて神経細胞を保護するNMDA受容体拮抗薬の2タイプの薬があり、この2つのタイプの薬を組み合わせて使用することも可能です。いずれも根治薬ではなく認知症の進行を抑える薬ですが、前者は意欲がなくなった人が活発になり、後者は怒りっぽくなった人の感情が安定するなどの変化が認められる場合があります。薬の効き方は個人差が大きいので、使用する薬の種類などは、医師と相談して適宜、調整していくことが大切です。

 周囲が疾患のことをよく理解し、上手な介護の方法を学んでいくことが重要です。家族だけで頑張ろうとせず、医療機関を定期的に受診して、介護をする上で今何を困っているのか、どうしたいのか希望を伝え、相談をするようにしましょう。

Doctor's Advice

「認知症は周囲の接し方が一番のポイント。病気のことを正しく理解し、ケアの方法を工夫していけば、病気になっても、付き合いながら長い人生を全うできる」

 認知症の方はものを忘れるという状況の中で、考えたり、感じたりしています。家族が励ますと、叱られたり怒られているように感じ、注意や忠告をすれば、いじめられていると感じるかもしれません。何もわからない人という態度で接すると、家庭内で孤立や孤独と受けとめてしまうかもしれません。できないからとなにもやらせなければ、役割を失ったと感じてしまいます。

 では、どうすればよいのか。例えば、食事をしたのに「食べていない」と言われた場合。認知症の方にとっては、それが真実なのですから、「さっき食べたじゃない」と否定してはいけません。食器をすぐに片づけずに置いておけば、食べたと認識できるかもしれませんし、1回の量を減らして何度も食べていただくのも一つの方法です。家にいるのに「帰りたい」と言われた時、「ここが家でしょう」と言い聞かせるのではなく、玄関で表札を見せたり、一度、外に出てから帰ってくる。このように、認知症の方の言動を受け入れ、できなくなったことを教育しようとせず、手助けする姿勢が大切です。

 ケアの方法を工夫していけば、病気と付き合いながら長い人生を全うすることができるのです。

広 告 企画・制作 読売新聞社広告局