文字サイズ

    プレスリリース

    “スポーツ科学×IT”野球専用データ解析システムを開発  ITベンチャーのネクストベース、4社から資金調達を実施

    • 活用事例:オールスター中継時映像
      活用事例:オールスター中継時映像
    スポーツ系ITベンチャーの株式会社ネクストベース(本社:東京都渋谷区、代表取締役:中尾 信一)は、2018年9月7日まで株式会社NTTぷらら・セガサミーホールディングス株式会社・鴻海ベンチャー投資のパートナーファンドである2020・SMBCベンチャーキャピタル株式会社の4社から資金調達をおこないました。

    画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/165673/LL_img_165673_1.png
    活用事例:オールスター中継時映像

    当社はスポーツ分野におけるビッグデータの活用について、スポーツ科学とITを融合した最先端のデータプラットフォーム事業を推進しています。2018年現在は野球界で起こっているデータ革命を正しく迅速に促進するため、独自開発したデータ解析システム「BACS : BaseballAnalytics and Coaching System」を契約チームや選手に提供すると共に、コンサルティングを実施しています。
    今回の調達資金で、日本のプロ野球界だけでなく、メジャーリーグや韓国・台湾プロ野球へのデータ解析システムの展開やアマチュア向けデータ解析サービスの開発、メディア向けの新しいスポーツ観戦の未来を創ってまいります。

    今後さらに幅広い競技スポーツやヘルスケア分野におけるデータの取得やその活用をおこなう事業のグローバル展開を推進し、「すべてのアスリートにイノベーションを」という企業ビジョンの実現を目指してまいります。
    特に、アマチュアスポーツの指導者や選手向けには、あらゆるデータ取得機器などから弾き出されたデータを分かりやすく、付加価値の高い情報として提供してまいります。
    これまでのように経験や勘だけに頼るのではなく、選手自らが自分のデータを活用して成長していく環境や故障防止にも配慮した指導環境を実現したいと考えます。


    ■ネクストベースについて
    企業名 : 株式会社ネクストベース
    設立 : 2014年6月26日
    役員 : 代表取締役 中尾 信一 取締役 木下 博之・神事 努
    所在地 : 東京都渋谷区渋谷2-10-15 NV1 bldg 8F
    事業内容: 各種スポーツ指導に関する事業、コンサルティング事業等
    URL : http://nextbase.co.jp


    ■「BACS」について
    「BACS : BaseballAnalytics and Coaching System(呼称: バックス)」
    2017年、日米で開催された約3,500試合のトラックマンデータ解析を実現したデータ解析システムです。試合レポートや対戦データ解析、自投球データ解析のメイン機能をはじめ、ブルペンデータとの連動機能や打球データの解析機能、投球の3D軌跡表示、新たな配球の概念であるピッチトンネル自動抽出などの機能を搭載。また、練習時や遠征時の使用も想定し、各種データはiPadなどのタブレットで確認できるよう最適化されたシステムも有しております。
    今後も現場での利用しやすさに配慮しながら、最先端の機能の開発・提供を進めてまいります。


    ■「トラックマン」について
    デンマークのトラックマン社が開発した高性能弾道測定器であり、メジャーリーグでは全30球団がホーム球場に導入し、日本プロ野球も2018年現在11球団が導入しています。

    2014年導入:東北楽天ゴールデンイーグルス
    2015年導入:横浜DeNAベイスターズ、福岡ソフトバンクホークス、
    オリックス・バファローズ
    2016年導入:埼玉西武ライオンズ、北海道日本ハムファイターズ
    2017年導入:読売巨人軍
    2018年導入:阪神タイガース、中日ドラゴンズ、東京ヤクルトスワローズ、
    千葉ロッテマリーンズ


    ■野球データ啓発・教育サイト「Baseball Geeks」について
    2017年3月より開設した野球データ啓発サイトで、スポーツ科学やデータに基づいた最先端の野球記事を毎週2・3本掲載しています。データ運用や活用の正しい理解と普及を促し、新たなスポーツマーケットと野球の未来を形作ることを目的としており、プロ・MLB関係者も熟読する注目のウェブサイトです。
    2018年9月11日 提供元:@Press