早稲田大学の教育・研究・文化を発信 WASEDA ONLINE

RSS

YOMIURI ONLINE

ホーム > キャンパスナウ > 2016 錦秋号 NEWS REPORT

キャンパスナウ

▼2016 錦秋号

NEWS REPORT

多様な「知」を組織する

ダイバーシティ推進室開設

 早稲田大学は、2016年7月1日より、男女共同参画推進室を発展的に改組し「早稲田大学ダイバーシティ推進室」を設置しました。ダイバーシティという視点から捉えることで、これまでの男女共同参画に加え、障がい者およびセクシャル・マイノリティ支援などの活動を進めていきます。

ダイバーシティ推進室長
矢口 徹也(教育・総合科学学術院教授)

 多様な人々が集うことが早稲田大学の特色であり、お互いの個性を認め合って成長していける空間がこの大学の魅力であると思います。本学がダイバーシティ推進を掲げる意味を確認し、また、多くのみなさんのご意見を頂きながらこの課題に取り組んでいきたい、と考えています。どうぞ、よろしくお願い申し上げます。