早稲田大学の教育・研究・文化を発信 WASEDA ONLINE

RSS

YOMIURI ONLINE

ホーム > 文化 > 早稲田考古学 その足跡と展望

文化

早稲田考古学 その足跡と展望

持田 大輔/早稲田大学會津八一記念博物館助手

持田 大輔(もちだ・だいすけ)早稲田大学會津八一記念博物館助手 略歴はこちらから

 早稲田キャンパスの大隈銅像の手前、2号館にある會津八一記念博物館では、東洋美術部門、近代美術部門、そして考古学部門の展示が行われています。各分野が年に一度の企画展を行っていますが、春期の企画展として考古学部門が担当して「早稲田考古学 その足跡と展望」を開催いたします。

 さて、早稲田大学で考古学の調査研究が盛んである事は、たとえばテレビ等によく取り上げられるエジプト発掘調査の影響もあるのか、例年、様々な学生や来館された方々がご存じでのようです。実際、早稲田での考古学の歴史は古く、明治15年(1882)に早稲田大学の前身である東京専門学校の開校式において、日本考古学の発祥ともいわれる大森貝塚(東京都品川区~大田区)の調査で著名なE.S.モースが大隈重信の招きにより講演を行っています。おなじく明治期には、考古学・人類学の草分けである東京本郷の弥生町で弥生土器を発見したり、日本ではじめて古墳の学術的発掘を行ったことで名高い東京帝国大学教授・坪井正五郎の講義も行われており、明治40年(1907)には講義録『人類学講話』(早稲田通俗講話 第11編)も出版されています。

 また、昭和戦前期には博物館名に名を冠する東洋美術史研究者の會津八一や人類学の西村真次、オリエント史の定金右源二などの研究者が活躍し、戦後の早稲田考古学を支える人々の指導をおこなっていました。會津八一の蒐集した東洋美術の資料は現在會津八一記念博物館に収められていますが、西村・定金らの蒐集した考古学資料は現在の7号館の位置にあった旧恩賜館の資料室に集められていましたが、1945年5月の空襲により、恩賜館ごとこれらの資料が戦災により灰燼に帰してしまいました。

戦後早稲田考古学のあゆみ

写真1:茨城県興津貝塚出土土器

 戦後の早稲田考古学は、駒井和愛教授、滝口宏教授、西村正衛教授をはじめとする文学部や教育学部などの教員・学生・校友ら有志によって組織された「考古学研究室」を中心にして、多くの調査・研究が進められていきました。特に、敗戦直後から60年代にかけて関東地方、東北地方をはじめ、遠くは九州・北海道、果てはアメリカ占領下の沖縄県の八重山諸島など広い地域で調査を行っています。

 この時期は、各地方公共団体に埋蔵文化財の調査担当部署が整備される前の段階で、早稲田でも学術目的のものから、開発にともなう緊急性の高い調査まで、数多くの調査が行われています。学生らの手弁当でおこなわれたものから都道府県や市町村の援助で行われたものまでさまざまで、早稲田考古学の発展期といえるでしょう。

写真2:栃木県益子天王塚古墳出土の遺物

 企画展では縄文時代の調査として、茅山(神奈川)・西之城貝塚(千葉)の縄文早期から長谷堂・杉の堂貝塚(ともに岩手)といった晩期の貝塚まで(写真1)、古墳時代では前期の北ノ作1号墳(千葉)、中期の樫山古墳(宮崎)、後期の益子天王塚古墳(栃木)の各時期の特色ある資料、古代では武蔵国分寺・上総国分寺などの瓦資料、一括して寄贈をうけたアイヌ民族資料(土佐林コレクション)などをとりあげます。

 次に紹介する栃木県益子町の益子天王塚古墳は1954年、滝口宏を団長に久保哲三(のち文学部教授)らによって調査が行われた古墳時代後期(6世紀)の前方後円墳です。三次にわたる調査で、甲冑や金銅製馬具、環頭大刀など豊富な出土品は、6世紀後半当時の地方首長の力を示すものとして注目されます。(写真2)おもな資料は、常設展示室で通常期間に展示していますが、企画展示室では常設展示に出されていない資料を取り上げます。

写真3:下戸塚遺跡と出土土器(遺跡の奥は15・16号館)

 一方、これら学外各地の調査もさることながら、早稲田大学の校地内の調査も数多く行われてきました。特に1980年代以降の所沢、本庄、東伏見、そして早稲田など各キャンパスの整備に伴って、その地下に眠る埋蔵文化財の調査が行われました。

 たとえば早稲田キャンパスの総合学術情報センター(図書館・国際会議場)の場所は、以前は「最後の早慶戦」が行われた安部球場がありました。1987年に行われた総合学術センター・中央図書館の建設に伴う埋蔵文化財調査によって、「下戸塚遺跡」が存在したことが判明しています(写真3)。下戸塚遺跡は、弥生時代後期(2~3世紀)のころに栄えたムラで、周りを環壕が回る「環濠集落」の規模は都内でも屈指と考えられています。

日本考古学から世界考古学へ

写真4:マルカタ南 魚の丘遺跡出土彩画片(早稲田大学エジプト学研究所蔵)

 一方、早稲田の考古学といえば、TVや新聞など報道を賑わすことが多いエジプトにおける調査を外すことは出来ないでしょう。早稲田大学のエジプト調査は1966年の踏査にはじまり、川村喜一教授を責任者に1971年からはルクソール西岸のマルカタ南遺跡の発掘調査を進めて、1974年には「魚の丘」で彩色階段を発見するに至ります。以来、40年あまりの年月の間、絶えることなく数多くの調査が行われ現在も継続中ですが、展示ではこの記念すべきマルカタ南遺跡の出土遺物をとりあげます。

写真5:パレンケ遺跡 拓本「貴人に供物を捧げる男女の祭司」(関根コレクション)

 現在、早稲田の海外調査は、エジプトにとどまらず、中国・朝鮮、東南アジア、中米地域やパプア・ニューギニアなど、世界各地に研究者・学生が赴いて踏査・調査を行っています。これらの調査をパネルで紹介するとともに、博物館の寄贈・寄託資料である中米マヤのパレンケ遺跡の貴重な拓本(写真5)や東南アジアや中国の青銅器などを展示します。

早稲田考古学のいま

 上記のように連綿と続いてきた早稲田考古学ですが、考古学に特化した専攻・専修が設置されたのは意外に最近のことです。1976年に文学研究科に考古学専攻が、1984年に第一文学部に考古学専修が設置され、今年でそれぞれ33年、25年と1/3世紀、四半世紀と節目を迎えています。第一文学部考古学専修(現・文学部考古学コース)では、学生の調査実習として、青森県蓬田大館遺跡、岩手県舘石野Ⅰ遺跡の発掘調査、埼玉県本庄キャンパスの塚本山古墳群の測量調査などを継続して行い、また学術調査報告書を刊行してきました。

 近年では、夏期の実習として、千葉県印旛村の戸ノ内貝塚を5次にわたって調査を行っています。展示では調査に関わってきた大学院生・学生らによって整理された戸ノ内貝塚の最新成果についても披露します。

 以上、早稲田考古学の時系列に紹介してきたため、時代・地域がバラバラの紹介になってしまいました。本企画展の最大の特徴は、早稲田考古学の紹介であるとともに、縄文・弥生・古墳・古代といった日本考古学やアイヌ民族資料、そして中国・東南アジア・中米マヤ・そしてエジプトなどの早稲田が得意とする海外の考古学が、ひとつの展示スペースに一同に会する点です。実際の資料に即して、考古学が学べる場にしたいと考えています。修学旅行で早稲田を訪れる受験生の方や、ぜひ考古学を学びたい方など、様々な方にご覧頂きたいと考えています。

 また、企画展開催中の5月30・31日には、第75回日本考古学協会総会が早稲田大学で開かれます。日本の考古学研究者が集う最大の学会です。この学会にあわせて、31日の日曜日にも開館することになりました。通常は日曜日が休館のため不便とのご指摘をうけることがありますが、この機会に早稲田で考古学を堪能してみてはいかがでしょうか。

 なお本年度より、會津八一記念博物館では常設展示室の一部のケースを利用して特集展示を行っています。企画展と連動して、考古学部門が担当して「古鏡」の展示を開催中です。合わせてご覧頂ければ幸いです。

企画展「早稲田考古学 その足跡と展望」

期間:5月12日(火)より6月6日(土)
日曜・祝日休館 5月31日(日)は開館 午前10時~午後5時 入館無料
場所:早稲田大学會津八一記念博物館1階企画展示室

特集展示「古鏡」

期間:4月1日(水)より6月6日(土)
場所:早稲田大学會津八一記念博物館2階常設展示室

お問い合わせ

早稲田大学會津八一記念博物館
東京都新宿区西早稲田1−6−1
電話:03−5286−3835

持田 大輔(もちだ・だいすけ)/早稲田大学會津八一記念博物館助手

1979年島根県生まれ、早稲田大学大学院文学研究科史学(考古学)専攻博士後期課程修了。専門は日本考古学。