早稲田大学の教育・研究・文化を発信 WASEDA ONLINE

RSS

YOMIURI ONLINE

ホーム > 文化 > 「南極100年展」開催にあたって

文化

石船 清隆(いしふね・きよたか) 略歴はこちらから

「南極100年展」開催にあたって

石船 清隆/白瀬南極探検隊記念館学芸員

 今から100年前、白瀬日本南極探検隊の隊長・白瀬矗(のぶ)と隊員26名は、明治43(1910)年11月29日にわずか204トンの南極探検船「開南丸」に乗り、東京芝浦を出航した。南極の厚い氷に阻まれ一度は挫折しながらも、明治45(1912)年1月28日、南極に日章旗を掲げ、付近一帯を大和雪原(やまとゆきはら)と命名。この偉業の陰には、早稲田大学の創設者である大隈重信と早稲田大学の学生などの熱い支援があった。

白瀬日本南極探検隊が見た100年前の南極

 秋田県にかほ市出身の白瀬矗陸軍中尉(1861~1946)は少年時代、寺子屋の師匠・佐々木節斎(1832~1876)に学んだ極地への夢と探検実現のために5つの戒め(酒を飲まない、たばこを吸わない、茶を飲まない、湯を飲まない、寒中でも火にあたらない)を生涯守り、数々の苦難を乗り越えて南極を目指した。

 わずか204トンの船体に18馬力の補助エンジンを搭載しただけの木造機帆船「開南丸」は、東京芝浦から出航し、明治44(1911)年2月8日にニュージランドのウェリントンで水や食糧、燃料などを補給、3日ほど滞在した後、怒涛渦巻く南氷洋を乗り越えて南極圏に入った。途中、海氷に阻まれたため、再挑戦のためにオーストラリアのシドニーに戻り、次の夏まで6か月待機した。

 明治44年11月19日にシドニーを出航、順調な航海を続け、明治 45年1月16日に南極の鯨湾に到着した。上陸して極点を目指した突進隊と、開南丸で沿岸を調査する沿岸隊の二手に分かれ、突進隊は1月28日、氷点下 20度以下の寒気とブリザードが吹き荒れる中、南緯 80度05分、西経 156度 37分の地点に日章旗を掲げ、その下に「南極探検同情者芳名簿」を埋め、あたり一帯を「大和雪原」と命名した。沿岸隊も東方沿岸を回航し、1月26日、南緯76度06分・西経151度20分で引き返し、当時の新記録となった。

 白瀬日本南極探検隊(以下「白瀬隊」)は開南丸が氷海を航行する様子やアザラシ、ペンギンなど、さまざまな写真を撮影している。このほか、白瀬隊が出発する際に準備していた犬ぞりの練習風景や、明治45年1月1日の元旦の食事風景、皇帝ペンギンの動く映像など、当時としては最新の技術といえる活動写真が残されており、これらの映像から100年前の白瀬隊が見た当時の様子が克明にわかる。

 これらの記録から、驚くばかりの手薄な装備にもかかわらず、ただ一人の犠牲者を出すことなく探検を成功させた白瀬矗と日本南極探検隊の業績は、南緯80度を超えた4隊目として、アムンゼン(ノルウェー)やスコット、シャクルトン(イギリス)と並び称され、南極探検史に燦然と輝いている。

大隈重信が支えた歴史的偉業

 明治43年(1910)1月、白瀬は面識のあった元宮城県知事で千頭清臣(ちかみ・きよおみ 1856~1916)らのすすめにより、第26回帝国議会に「南極探検に関する経費下付請願」(10万円)を提出した。これに対して、帝国議会は3万円で議決したものの、政府からは援助金が全く支給されなかった。

 千頭は大隈重信(1838~1922)に白瀬を紹介すると、大隈は過酷だった千島探検に生き残り、世界の探検家と肩を並べて、極地を目指している白瀬に大変興味を抱いたという。

 また、白瀬と親交のあった成功雑誌社の社長・村上濁浪(むらかみ・だくろう ?~1924)は、南極探検の計画を国民に訴えて義捐金を募り、探検費用にしようと、明治43年7月5日、東京・神田の錦輝館で「南極探検計画発表演説会」を開いた。大隈を始めとして南極探検に賛同する当時の著名人による演説は満員の中で行われ、演説会終了後、南極探検後援会が発足した。

 会長には大隈重信が就任し、政財界、朝日新聞社の協力など各方面へ支援を呼びかけ、探検費用に充てるため、入場料の寄付を目的とした早稲田と慶応のチャリティー野球戦を行うなど、大隈の尽力によって集まった資金と人脈で、南極探検は実現へと向かった。

 明治43年11月26日、大隈は隊員全員を早稲田の自邸に招いて、告別壮行会を行い、綾子夫人から隊員一同に三崎稲荷のお守りを入れた真綿のチョッキが贈られたという。

 11月28日は朝から晴れ、午前7時、隊員一同は皇居二重橋前に整列して出発奉告式を行い、午後1時には南極探検後援会の幹事および有志による送別会が東京芝浦の埋立地で開かれた。送別会には早稲田大学の学生など5万人もの観衆が詰めかけ、後の南極観測事業を承認した文部大臣・松村謙三(早稲田大学出身)もその1人だった。大隈の演説では「百発の空砲は一発の実弾に如かず」という言葉で隊員を激励した。

 翌29日午後0時5分に出航、横浜港に寄って、武田輝太郎学術部長を乗せ、幹事の櫻井熊太郎等が下船した。港外碇泊の帝国軍艦「津軽」より『汝の成功を望む』と信号があり、『汝の厚意に謝す』と答え、開南丸は南極へ向け無事に出航した。

 白瀬隊がシドニーまで撤退したとき、大隈はさらなる資金集めに奔走するとともに白瀬を電報で励まし、ついに極地突入を成功へと導いた。白瀬隊は大隈への感謝の意を表して、南極にある入り江を「大隈湾」と命名し、昭和8(1933)年にアメリカ地理学協会から国際的に認められている。

早稲田大学出身の探検隊員

 西川源蔵は島根県鹿野町の出身で、早稲田大学文学部に入り、在学中に南極探検に応募、明治43(1910)年10月25日に採用になり、糧食係を担当した。

 明治45(1912)年1月23日、西川は厨房長・渡辺近三郎と記録映画の撮影係・田泉保直の3名で南極のエドワード7世州に上陸し、皇帝ペンギンの群れに遭遇するなど、記録を取りながら進んだ。西川と渡辺はさらに前進して、24日にアレクサンドラ山脈の麓に達し、露出した岩石を収集して、その地点に「明治45年1月24日建之 大日本南極探検隊沿岸隊上陸記念標」と書いた木の柱を立てた。

 吉野義忠は香川県から北海道増毛町に移り住んだ開拓移民で、早稲田大学在学中に探検隊に応募しており、政治サークル「力行会」の会員で、被服係を担当した。

 明治45年1月16日に南極の鯨湾に到着したときは、白瀬、武田、三井所、山辺、花守、村松、吉野の7名で上陸し、吉野と村松の2名は南緯78度33分、西経164度22分の根拠地にテントを張って、気温・気圧・風向・風力などの気象観測を行った。

生物フォトジャーナリスト・藤原幸一が撮る今の南極

 藤原が初めて南極に足を踏み入れたのは、1995年のこと。まさにそこは、人間ではなく、自然そのものが支配する広大な白い世界。その後、何度も何度も南極に通うことになる。その間に南極はどんどん変容していった。 

 ちょうど100年前、後援会長、大隈重信によって実現にこぎつけた白瀬日本南極探検隊は、日本人として初めて南極の雄大な自然とそこに暮らす生き物たちを記録し、日本に持ち帰った。当時、地の果てと思われていた南極は、現在では100ヶ所以上もの基地がつくられ、地球温暖化の影響が急速に進んでいる地域の一つでもある。

 温暖化によって氷山や氷河、永久凍土が、ものすごい勢いで溶けだしている。ペンギンのコロニーには大きな亀裂が走り、営巣地が崩れて犠牲になったヒナが、藤原のカメラに収まっていた。

 人類が「文明」という名でつくり出してしまった環境破壊の影響は、地球最後の秘境であるはずの南極にも確実に及んでいる。ペンギンも棲めなくなった地球に、未来はあるのだろうか?

アデリーペンギン
南極大陸から切り離され、漂い続ける氷山。ペンギンたちは泳ぎ疲れたとき、氷山に上陸して休む。

ほとんどの基地では50年以上もゴミが捨てられ続け、中にはペンギンの繁殖地と隣り合わせの場所もある。
ゴミの中、ワイヤーやガラスを避けながら歩くペンギンたち。

2011年度企画展「南極100年展」

会期:3月25日(金)~5月21日(土)
時間:10~17時 ※日曜休館
会場:早稲田大学26号館「大隈記念タワー」10階125記念室

本企画展は、卒業式、入学式の中止および授業開始日の繰り下げが決定したことを受け、また、計画停電による交通機関の混乱などでご来館くださる皆様のご不便が予想されることを勘案し、開催を延期することといたしましたので、ご理解賜りますよう、心よりお願い申し上げます。

石船 清隆(いしふね・きよたか)/白瀬南極探検隊記念館学芸員

秋田県にかほ市教育委員会白瀬南極探検隊記念館記念館班主査・学芸員、白瀬日本南極探検隊100周年記念事業推進事務局。

藤原 幸一(ふじわら・こういち)

ネイチャーズ・プラネット代表。ガラパゴス自然保護基金(GCFJ)代表。日本テレビ『天才!志村どうぶつ園』監修および『世界一受けたい授業』生物先生、『動物惑星』ナビゲーター。学習院女子大学非常勤講師。
秋田県生まれ。日本とオーストラリアの大学・大学院で生物学を専攻し、グレート・バリアー・リーフにあるリザード・アイランド海洋研究所で研究生活を送る。
その後、野生生物の生態や環境問題に視点をおいた生物ジャーナリストとして南極、北極、アフリカ、熱帯アジア、オセアニア、南米などで取材を続けている。

 著書は『南極がこわれる』『ガラパゴスがこわれる』『ペンギンの歩く街』『マダガスカルがこわれる』(以上、ポプラ社)、『The Antarctic Ocean ペンギンたちの旅・病める南極海』(桜桃書房)、『地球の声がきこえる』(講談社)、『沈みゆく方舟ガラパゴス』(講談社+α文庫)、『fine海へ行こう』『ペンギン物語』『クジラ物語』『イルカ物語』『ガラパゴス博物学』(DATAHOUSE)、『地球のしあわせ』(日本出版社)、『だ~れだ?』(新日本出版社)、『森の声がきこえますか』(PHP研究所)など多数。