早稲田大学の教育・研究・文化を発信 WASEDA ONLINE

RSS

YOMIURI ONLINE

ホーム > 文化 > 新派映画の時代 —向島撮影所と映画『カチューシャ』—

文化

上田 学(うえだ・まなぶ)/早稲田大学坪内博士記念演劇博物館助手 略歴はこちらから

新派映画の時代
—向島撮影所と映画『カチューシャ』—

上田 学/早稲田大学坪内博士記念演劇博物館助手

向島撮影所について

 日本映画の草創期から今日に至るまで、世界の映画会社のなかでも有数の歴史を有する日活が、日本活動写真株式会社として創立したのは、1912(大正元)年のことでした。その創立当初から、関西の演劇界を制した松竹が、1920年代に映画界へ参入するまで、大正時代の日本映画史の大半は、日活という一大映画会社を中心に展開していったといっても過言ではないでしょう。そして、日本最初の映画スターである尾上松之助を擁した、京都の関西撮影所や大将軍撮影所に対して、東京で新派映画という、独特な映像表現を発展させていったのが、隅田川に面した特徴的なグラスステージで知られた、向島撮影所でした。

図1 『うき世』(1916年) (右)立花貞二郎 (左)大村正雄

 新派映画とは、必ずしも演劇史における狭義の新派劇に限らず、ときには新劇の主題も取り入れた、広く現代劇を意味する映画のジャンルでした。明治大正期には、映画を表す用語の主流が「活動写真」であったため、新派映画という名称は存在せず、時代劇の「旧派」「旧劇」に対して、単に「新派」と呼ばれていました。帰山教正らが推進した、日本映画界の変革を求める純映画劇運動は、欧米、とりわけアメリカ映画の形式を強く志向していたため、日本演劇の様式を色濃く残した新派映画は批判にさらされました。しかし、そうした批判の対象になりえたということは、逆に新派映画という忘れられたジャンルが、同時代において、いかに強固な存在であったのかということを、図らずも示しています。

図2 田中栄三『映画脚本 髑髏の舞』(1924年)

 新派映画の特徴は、何よりもまず女優を用いずに、女形がヒロインとしての女性を演じていたことです。とりわけ、その可憐な美貌で多くの観客を魅了したのが、立花貞二郎(1893~1918)でした(図1)。歌舞伎の初代中村芝鶴や、新派劇の藤澤浅二郎に師事した立花は、1918(大正7)年に、二五才の若さで没するまで、向島撮影所の映画に出演した期間は六年間とわずかでした。しかし、すでに『自伝立花貞二郎』(1917年)が出版されるなど、スターとしての人気は、その絶頂にありました。

 また、のちに監督として、『狂った一頁』(新感覚派映画連盟、1926年)や、カンヌ国際映画祭グランプリに輝いた『地獄門』(大映京都、1953年)などで、国際的にも高い評価を確立する巨匠、衣笠貞之助(1896~1982年)が、演劇界から映画界へと活動の場を移したのも、よく知られるように向島撮影所においてでした。『七色指環』(1917年)で女形としてデビューした衣笠は、立花亡き後の人気俳優として、向島撮影所で製作された、多数の新派映画に出演しています。なお、当館が膨大な旧蔵コレクションを所蔵し、のちに衣笠に師事して、時代劇映画を代表する監督となる稲垣浩が、映画人としてのデビューを飾ったのも、向島撮影所の俳優としてでした。

 さらに、向島撮影所を代表する監督のひとりが、『生ける屍』(1918年)や『京屋襟店』(1922年)などで新派映画の革新に取り組んだ、新劇出身の田中栄三です。もともと新派俳優の藤澤浅二郎が主宰する東京俳優養成所で学んだ田中は、小山内薫らの新劇運動に参加したのち、1917(大正6)年に向島撮影所へ入ります。当時、向島撮影所でただ一人の監督であった、小口忠の助手を務めた田中は、入社翌年に『暁』(1918年)を初監督します。その後、新劇の舞台協会と協力し、女優の岡田嘉子を採用した『髑髏の舞』(1923年、図2)などで、新たな現代劇の映像表現を追求していきます。

 このほかにも向島撮影所は、『人間苦』(1923年)などで独自のリアリズムを追求した、新劇出身の鈴木謙作や、田中のもとで学び、初監督の『愛に甦へる日』(同年)を経て、『813』(同年)や『霧の港』(同年)などで早くも高い評価を得ていた、のちの巨匠、溝口健二ら、日本映画史に大きな足跡を残した監督たちが集った場所でもあります。

映画『カチューシャ』とその撮影台本

 1912(大正元)年に、四つの映画会社(吉澤商店、横田商会、Mパテー商会、福宝堂)が合併して発足した日活は、当初、東京の撮影所として、吉澤商店の目黒撮影所を使用していましたが、他社の映画人が合流したことによる混乱などから、新たな撮影所の必要に迫られます。そこで、新たに隅田川の河畔に建設されたのが、向島撮影所です。

図3 『カチューシャ』撮影台本

図4 『カチューシャ』撮影台本

 しかしながら、横田商会からそのまま移行した京都の関西撮影所に比べて、それ以外の映画会社の映画人の寄り合い所帯であった向島撮影所の船出は、きわめて困難なものでした。福宝堂出身の小林喜三郎と山川吉太郎が1914(大正3)年に、日活に対抗しうる映画会社として天活(天然色活動写真株式会社)を設立します。またMパテー商会出身の映画人の一部も、大阪の敷島商会に移って、「連鎖劇」という、映画と演劇を組み合せた独自の映像表現を発展させていきます。

 こうした分裂の危機のなかで、日活向島に最初の大きな成功をもたらしたのが、映画『カチューシャ』(細山喜代松監督、1914年)です。この時期、島村抱月との恋愛問題で、逍遙の文芸協会を脱退し、抱月とともに芸術座を組織した松井須磨子は、レフ・トルストイの原作とアンリ・バタイユの脚本を、抱月が翻案、脚色し、須磨子が主演した、新劇「復活」の巡演によって、各地で大いに人気を博していました。この舞台の成功を参考に、新劇出身の桝本清が脚色し、立花がカチューシャ役で主演したのが、映画『カチューシャ』です。プリントは現存せず、立花やネフリュードフ役の関根達発のスチル写真が、数葉残されているのみですが、当館が所蔵する全204頁もの撮影台本(図3)からは、その充実した内容がうかがい知れます。同資料は、内表紙に「森三之助君へ」という文字が記されていることから、吉澤商店や日活向島で活躍し、『カチューシャ』でも弁護士のファナーリン役など三役を務めた、森三之助の旧蔵資料ではないかと推察されます。

 とりわけ撮影台本の記述で興味ぶかい点は、抱月作詞、中山晋平作曲の歌曲「カチューシャの唄」が歌われる箇所について、具体的に指示されていることです(図4)。これは、同時代の無声映画において、映画館などの興行の場が、撮影所という製作の場にも大きな影響を与えていたことを示すものだといえるでしょう。こうした場面では、無声映画の上映にあわせて、スクリーンの俳優に声を当てていた「声色」といわれる説明者や、あるいは須磨子自身によって吹き込まれたSPレコードによって、ときに観客も交えながら、「カチューシャの唄」が歌われていたものと考えられます。

 『カチューシャ』および続編『後のカチューシャ』(1914年)、『カチューシャの復活』(同年)の成功によって製作を軌道に乗せた向島撮影所は、そこから生み出された数多くの新派映画によって、一時代を築いていくことになります。

「日活向島と新派映画の時代展」開催

 東京という新興の近代都市に、映画という欧米から移入された新たな文化と、歌舞伎や新派劇、新劇といった、明治大正期の日本演劇の多彩な潮流が、折り重なりあいながら成立したところに、向島撮影所の歴史的な意義と、そこで製作された新派映画の魅力が存在しているといえるでしょう。

 2012(平成24)年は、日活の創立から百年目を迎える年になります。この機会に当館では、監督の田中栄三や女優の岡田嘉子ら、向島撮影所で活躍した映画人からご寄贈いただいた旧蔵資料を中心に、企画展「日活向島と新派映画の時代展」=2011年12月3日(土)~2012年3月25日(日) =を開催します。今回の展示を通じて、世界的にも特異な新派映画という映像表現を開拓していった、向島撮影所の歴史と魅力を振り返っていただければ幸いです。

上田 学(うえだ・まなぶ)/早稲田大学坪内博士記念演劇博物館助手

1979年生まれ。専門:映像学。立命館大学大学院文学研究科博士後期課程修了。博士(文学)。共著に、『日本映画史叢書10 映画と戦争』(奥村賢編、森話社、2009年)など。