早稲田大学の教育・研究・文化を発信 WASEDA ONLINE

RSS

YOMIURI ONLINE

ホーム > 教育 > こんな授業! どんなゼミ?

教育

▼こんな授業! どんなゼミ?

心身医学
~心と身体の健康のために~

松岡 美樹子/人間科学研究科修士課程1年

ストレス軽減法について講義する野村教授

 21世紀は「心の時代」といわれています。近年、厚生労働省は従来の4大疾病(がん、脳卒中、心筋梗塞、糖尿病)に精神疾患を加え、5大疾病と呼んで重点的な対策が必要だとしています。また、心の問題は、昔から「病気」と書いて「病は気から」といわれるように、精神状態だけでなく、身体の状態にも影響を及ぼしています。

 患者を身体面のみならず、心理・社会面まで総合的に診ようとする心身医学の主な対象は、身体疾患の発症と経過に心理社会的な問題が関与している心身症です。さらに、心身医学では身体症状を主とする神経症や、うつ病、不安障害なども扱います。

野村教授の講義に熱心に聞き入る受講生

 授業は講義形式で行われ、摂食障害などの心身症や、神経症・うつ病の病態の理解から診断、薬物療法や心理療法などの治療法、実生活で役立つストレス軽減法などを幅広く学ぶことができます。専門的な内容も含まれていますが、医師である野村忍教授が、臨床経験を踏まえながら丁寧に分かりやすく解説してくださいます。

 性格特性やストレスの捉え方、対処の仕方がどのように身体に影響しているのかを知ることは、自分自身はどうかと振り返るきっかけにもなり、大変興味深いと思います。ストレス社会を健康に生きていくために、ぜひこの授業を活用してみてはいかがでしょうか。

(提供:早稲田ウィークリー