早稲田大学の教育・研究・文化を発信 WASEDA ONLINE

RSS

YOMIURI ONLINE

ホーム > 教育 > こんな授業! どんなゼミ?

教育

▼こんな授業! どんなゼミ?

都市空間・環境デザイン演習
~建築学専攻の授業で将来の都市像を創造する~

菊池 明/創造理工学研究科修士課程2年(建築学専攻)

白河市でのワークショップの模様。向かって右で身をかがめているのが筆者

 都市空間・環境デザイン演習では、有賀隆教授の指導の下、土地の生態系や地形、文化に着目した広域的なデザインから、街区内の住環境の整備や歴史的建物の保全、活用など、生活に密着したデザインまで、横断的なスケールで都市空間のデザインを行っています。演習は大きく分けて二つあり、Project-Based Learningによる実践的研究活動と国際ワークショップです。

 まずProject-Based Learningでは、実際の都市で起きている具体的な問題を解決します。一つの事例として、城下町都市である福島県白河市では、地域住民の方々との協働によるまちづくりワークショップを通し、旧市街地の狭隘(きょうあい)な道や空き家など、防災的観点からみた住環境に関わる問題を、この土地固有の歴史的な環境資源である蔵や土塁跡等の再生と共に整備していく提案を行いました。また広域的なデザインでは、城下町都市の歴史的な街並みを整備する景観ガイドラインを地元の自治体、NPOと協働して策定しました。この演習は、行政、住民、NPOなど、多様な組織と協働してまちづくりを行うので、極めて実践的な活動です。

 もう一つの特徴となる国際ワークショップでは、国内外を問わず、都市計画に関わる広域的な問題から、人間スケールの住環境デザインまで幅広い課題に対して、海外の大学院生と議論し提案していきます。

 以上のように、多くの人たちと協働して、私たちの生活に関わる都市建築のスケールから広域な地域スケールまで横断的に将来の都市像とその計画のあり方を考える、それが都市空間・環境デザイン演習です。

今年行われたドイツの国際ワークショプの模様
ⓒJonas Ratermann

(提供:早稲田ウィークリー