早稲田大学の教育・研究・文化を発信 WASEDA ONLINE

RSS

YOMIURI ONLINE

ホーム > 教育 > こんな授業! どんなゼミ?

教育

▼こんな授業! どんなゼミ?

キャリア教育の実践プログラム開発

知を発信する学びの場

山下 悟(やました・さとる)/教職研究科2014年度修了

 この授業の最大の特徴は、学生がアクティブに研修会を企画し、全国の現職教員や教育関係者にキャリア教育を学ぶ機会を提供すると同時に、そうした参加者と共に学ぶところにあります。研修会には、三村隆男教授の下、すでに学んできたキャリア教育の基本的な知識を基盤として、多彩な分野で活躍されている方々を講師としてお招きします。授業外の時間を含め、頻繁に自主的な打ち合わせの場面を設けて、研修会の成功へとつなげていきます。

 2014年12月には「高校中退と進路指導」をテーマにシンポジウムを開催し、岡山県や京都府からも含め100名近い方々に参加いただきました。参加者の熱意に触れ、あらためてキャリア教育の重要性を感じました。講師や全国各地からの参加者との交流も、大きな学びにつながります。またマスコミにも取材していただき、私たちの企画が大きく新聞に掲載されました。

 その他、この授業では、外部研究会や紀要の原稿執筆など、今までの学びを外部に発信する機会を持つことができます。学生が主体となって企画・運営・外部との交流を行うことで、教育現場の問題を深く知り、即戦力となって学ぶ機会を生み出す力を身に付けることができます。

 児童・生徒のキャリア教育に携わるだけではなく、学び続ける教師として自らのキャリア形成を図ることができる、大変刺激的な授業です。

研修会「トライキャリア教育」講師の方々と履修生

「高校中退と進路指導」シンポジウムの様子

(提供:早稲田ウィークリー