早稲田大学の教育・研究・文化を発信 WASEDA ONLINE

RSS

YOMIURI ONLINE

ホーム > 教育 > ぴーぷる

教育

▼ぴーぷる

峰村 晴香(みねむら・はるか)/教育学部国語国文学科3年 略歴はこちらから

美しい文字の探究者は、『早稲田スポーツ』記者!

峰村 晴香/教育学部国語国文学科3年

 小学校1年生でコンクールに入賞して以来、硬筆と毛筆を合わせて88もの賞を受賞。「全国年賀はがきコンクール」では、最高賞となる郵政大臣賞を3度も受賞した。書道との出合いは、幼稚園の時。祖母と母の勧めで通信教育を始めた。「たまたま新聞に載っていた書道の広告の文字をきれいだなって見とれていたら、それに祖母と母が気付いてくれました」。そのころから、すでに「文字へのこだわり」があったのだ。

 母とはずっと二人三脚で書道に取り組んできた。「私が通信を始めた後、母も書道を習い出して、6年後に実家に教室を開いたんです。私に本格的な指導をすることが目的だったみたいです」。小学生になってからは、登校前に毎朝、硬筆の練習に励んだ。「自分で起きられる年齢ではなかったので、母が起こしてくれて。今振り返るとそのころの積み重ねが大事だったと思います」。小学2年時には才能を見抜いた通信教育の先生から誘いを受け、月に1度、長野から東京都青梅市まで講習を受けに行くことに。その送り迎えをしてくれたのは父だ。「家族の支えがあったからここまで書道を続けられました」と笑顔を見せた。

 本学では書道関係のサークルではなく、本格的な新聞記事を作成する早稲田スポーツ新聞会に所属。一面記事のレイアウトも手掛ける自分自身を「好奇心旺盛」と評する。「一つの世界で一つのことをやり遂げるのも大事だと思います。でも、他の世界を見ることで得ていくものもあるなと」。スポーツ選手の取材からは、続けることの大切さを、あらためて学ぶ機会が多いという。

 「文字へのこだわり」は、今も変わっていない。本学では変体仮名を読む授業も受けた。「書くだけじゃなく、読めて意味も深く理解できたらもっと楽しいと思って」。理想とする文字は「誰が見ても美しい文字、本当にきれいだと言える文字」だと語る。「目指す方向は書道家ではありません。書道だけに収まるつもりはないんです。文字を生かしながらできる別のことがしたい」と言い切れるのは、これまでの日々の努力と「好奇心旺盛」な吸収力があってこそだ。

(提供:早稲田ウィークリー

峰村 晴香(みねむら・はるか)/教育学部国語国文学科3年

1987年長野県生まれ。長野県立大町高等学校卒業。教育学部国語国文学科3年。今春、大学生日本一に与えられる「第23回毎日学生書き初め展覧会記念特別大賞」を受賞。趣味は料理。