早稲田大学の教育・研究・文化を発信 WASEDA ONLINE

RSS

YOMIURI ONLINE

ホーム > 教育 > ぴーぷる

教育

▼ぴーぷる

平井 伯昌(ひらい・のりまさ) スポーツ科学研究科修士課程1年 略歴はこちらから

オリンピック選手を支える水泳コーチは、本学OBかつ大学院生

平井 伯昌/スポーツ科学研究科修士課程1年

 「『社学』は自分にあっていた。夜間部ということもあったのか、周囲は元会社員やら、5浪組やらの個性派ぞろいの貫禄あるやつばかり」と、平井さん。デーモン小暮閣下も同級生だった。「卒業式に閣下が例の格好で来た時はみんな『おおっ?!』と(笑)」思えば同級生たちはどんなささいなことでも、『勉強のひとつだ』と力いっぱい取り組んでいた。平井さんにも自然にその『社学気質』が宿っていた。「この姿勢は、どんなときも自分の基本姿勢です。原点なんです」

 大学3年の時、所属していた水泳部の監督から「オリンピック強化選手のコーチとしてサポートしてほしい」と告げられる。素質、そして人柄を見込んだ言葉だったが、平井さんは落ち込んだ。下級生のコーチになることは事実上、選手を引退することだったからだ。「選手をやめたら大好きな水泳が、急につまらなくなるのではないかと思って、不安でした」。手探りで始めたコーチ業だったが、徐々にのめりこんでいく。「自分では到達できない高い次元にいる選手のコーチになることで、同じ世界を共有できたんです」。これが、たまらなく面白くなり、その思いが進路につながった。

 就職活動の時、平井さんはある先輩の言葉にはっとする。「男なら、やっぱり好きな仕事をするのが一番じゃないか?」。内定していた生命保険会社への就職を断り、東京スイミングセンターでコーチとして働くことを決意した。「判断に迷ったとき、最終的に決めるのはやっぱり自分自身。そのためにはいろいろな情報をポケットの中に入れておかないと。一見、水泳と関係ないことにもヒントが隠れているかもしれない」。普段からどんなことにも耳をかたむけることが大切、と平井さんは話す。

 4月からはスポーツマネジメントを学ぶために、大学院スポーツ科学研究科に社会人入学した。

 「あせらず、ゆっくりやっていけよ!」。ストレッチを始めた選手たちに笑顔で声をかける。この言葉と笑顔が、多くの選手の勇気を引き出しているのだ。

(提供:早稲田ウィークリー

平井 伯昌(ひらい・のりまさ)

1963年東京都生まれ。早稲田高校卒業後、82年社会科学部に入学し、水泳部に所属。86年同学部卒業後、東京スイミングセンターに勤務。オリンピック2大会連続、金メダリストになった北島康介選手や、銅メダリストになった中村礼子選手を指導。現在は同センターのヘッドコーチを務め、来年からはオリンピック強化チームのヘッドコーチに就任。2008年4月より大学院スポーツ科学研究科修士課程1年制に在籍中。趣味は音楽鑑賞(ラテン系が最近はお気に入り)、読書の他、ラーメンなどの食べ歩き。モットーは“楽しい飲酒”。