早稲田大学の教育・研究・文化を発信 WASEDA ONLINE

RSS

YOMIURI ONLINE

ホーム > 教育 > ぴーぷる

教育

▼ぴーぷる

略歴はこちらから

略歴はこちらから

勝利の一突!
兄から弟へ引き継がれるフェンシング魂

北川 宗一郎/スポーツ科学部卒
北川 隆之介/スポーツ科学部2年

 2010年のインカレ準決勝で初の兄弟対決が実現した。「引退がかかった大会で弟と当たったときは、運命的なものを感じましたね」と話す兄の宗一郎さん。一方、弟の隆之介さんは「兄と当たる準決勝までは絶対に勝ち進もうと思いました。ずっと兄を超えることを目標にしていたので、手を抜く気なんてありません。試合も『自分が引導を渡す』くらいの気持ちで挑みました」と試合を振り返る。準決勝で最初にリードを奪ったのは宗一郎さんだった。15点先取の試合で宗一郎さんが13点、隆之介さんは6点。「勝てる!」そんな思いが宗一郎さんの頭をよぎった。しかし、そこから隆之介さんが猛追し、点差はどんどん縮まっていく。「追い上げたんですけど、最後はやはり4年生の、いや兄の意地ですかね。結局、兄を超えることはできませんでした」。兄弟対決を制した宗一郎さんは決勝戦も勝ち抜き、フルーレ(※)個人優勝を果たす。弟の隆之介さんも1年生ながら3位入賞という好成績を残した。そして兄弟揃って出場したフルーレ団体戦では見事優勝! 宗一郎さんは創部以来初の快挙である二冠を達成した。「個人優勝も嬉しかったけど、団体戦の優勝はもっと嬉しかった」。フェンシング部主将である宗一郎さんは、そう言って目を細めた。

左が宗一郎さん、右が隆之介さん

 宗一郎さんがフェンシングを始めたのは中学生のとき。その後、剣を自在に操る兄の姿に憧れて、隆之介さんも興味を持った。そもそもフェンシングとはどんな競技なのだろう。「僕らがやっているのはフルーレと呼ばれる種目。基本技術が集約されているので、日本では最も競技人口が多い種目です」。フルーレでは通電性のあるジャケットを着用する。ジャケットを着用している部分が有効面で、相手の突きが決まるとランプが点灯して得点が入る仕組みになっている。「剣での攻防が激しいので見応えがありますよ!」と宗一郎さんが生き生きと答えてくれる。ところで、フェンシングの魅力は? 今度は隆之介さん。「体格に関係なく勝てるところですね。背が高い選手はリーチもあるので有利ですが、そうでなくても俊敏性を活かして勝つことができる。そのためには試合中にずっと動ける持久力が必要なんです」。

 3歳離れた2人にとって、同じ部でフェンシングをするのは大学が初めてだ。早稲田のフェンシング部は、アットホームな雰囲気の中にもメリハリがあると2人は話す。「練習内容も自分たちで決められるので自分自身が大きく成長できました」。

 宗一郎さんは競技人生最大の目標として、オリンピックを目指していた。大学2年生のころは、世界各国を転戦したが、結局夢のオリンピック出場は叶わなかった。「僕は4月から社会人となり、フェンシング人生を終えます。最大の目標が達成できなかったのは今でも悔しい思いが残りますが、逆にそのことがバネになり就職活動も頑張れました」。宗一郎さんが今後を語ると、「今はフェンシングに打ち込みたいと思っています。ゆくゆくは主将になり、兄と同じように部を引っ張っていけたらいいですね」と隆之介さんが続ける。「本当は兄を尊敬すべきなんでしょうけど、なかなか……」。すると「ちょっとは尊敬しろ!」と間髪入れずに素早いつっこみが。そんな冗談を交わす2人の姿は何だか頼もしい。早稲田のフェンシング魂は兄から弟へ、しっかりと受け継がれていく。

※フルーレ 3つあるフェンシングの種目の1つで、基本技術が集約されている。柔軟なブレードを持つ軽い剣を用い、突きだけが得点となる。名前は、かつては剣先に花(フランス語でフルール)をつけていたことに由来。

勝負に挑む前の宗一郎さん

宗一郎さんをみんなで胴上げ

(提供:早稲田ウィークリー

北川 宗一郎(きたがわ・そういちろう)/スポーツ科学部卒

1988年埼玉県生まれ。埼玉栄中学校、埼玉栄高校を経て本学へ入学。2011年3月スポーツ科学部卒。中学入学時に「せっかくなら人と違うスポーツをしよう」とフェンシング部に入り、剣の道へ。大学では4年間フェンシング部に所属し、3年生からは主将を務めた。1237号の「ぴーぷる」に登場した上田拓馬さんとは同じ中学・高校で、同じクラスだったこともある。趣味はドライブと読書。4月からパナソニック株式会社に入社。

北川 隆之介(きたがわ・りゅうのすけ)/スポーツ科学部2年

1991年埼玉県生まれ。兄の宗一郎さんと同様に埼玉栄中学校、埼玉栄高校から本学へ。スポーツ科学部2年。兄の試合を見てフェンシングに興味を持ち、中学からフェンシング部に入部。中学・高校では主将を務めた。現在もフェンシング部に所属しており、2010年のインカレでは1年生ながら個人フルーレで3位に入賞した。話題となった有名ラーメン店の閉店日に、長蛇の列に並ぶほどのラーメン好き。また趣味は野球観戦で、広島東洋カープをこよなく愛する。