早稲田大学の教育・研究・文化を発信 WASEDA ONLINE

RSS

YOMIURI ONLINE

ホーム > 教育 > ぴーぷる

教育

▼ぴーぷる

略歴はこちらから

バングラデシュで教育革命!
アジアの子どもに良質な教育を提供したい

税所 篤快/教育学部3年

 アジア最貧国と言われるバングラデシュ。ここで、税所さんは教育に革命を起こした。絶対に不可能とされてきたBOP層(低所得層)から、超一流大学合格者を輩出し、バングラデシュの教育格差に風穴を開けたのだ。

 税所さんがバングラデシュの教育問題に立ち向かうきっかけとなったのは『グラミン銀行を知っていますか』(坪井ひろみ著・東洋経済新報社)という一冊の本との出会いだった。グラミン銀行は、当時総裁であったムハマド・ユヌス氏と共に、貧困層の経済的・社会的基盤の構築に対する貢献を評価され、2006年にノーベル平和賞を受賞した。「大学2年生のころに失恋をしまして(笑)。未熟な男のままではいかん! と思っていました。ボランティア活動などはしていましたが、限界を感じていたころだったので、この本を読んで、僕のやりたいことはこういうことだ! と感銘を受けたんです」。

 税所さんは、すぐに行動を起こす。バングラデシュへ赴いてユヌス氏と会い、やがてグラミン銀行グループ内にプロジェクトを立ち上げ、大学を休学してバングラデシュに滞在する。そして現地の村を回る中で、都会の子と村の子の教育格差を目の当たりにした。村の子どもたちは教師不足のために満足な教育を受けられず、大学への進学の道も閉ざされていたのだった。そして、税所さんは自分の受験時代を思い出す。「予備校のDVD授業のようなシステムを使えば、村の子どもたちにも質の高い授業を提供できるのではないか!」。

 行動力の男・税所さんは、すぐにグラミン銀行へ「e-Education Project」のプレゼンをした。が、あえなく却下。貧しい村にインターネットを引くことや映像で授業することなど、ありえないと判断されたのだった。それでも税所さんはあきらめず、自力でプロジェクトを実行する。はじめての授業は、村の学校と東京学芸大学の実験室をSkypeで繋ぐものだった。受講した子どもたちは大喜び! この成果はグラミン銀行にも認められ、正式に「e-Education Project」を発足させた。

 税所さんは、プロジェクト成功に向けて全力で走り出した。日本で資金援助をしてくれる人を探し、DVDへ出演してくれるバングラデシュの予備校の有名講師を集め、Twitterで呼びかけ村で使用する中古PCを30台ほど集めた。村の子どもたちは、ボロ小屋で中古PCを使用し、超一流予備校の映像授業を無償で受けられるようになった。「電気は切れるし、暑くて汗はダラダラかくし、散々な環境でしたけど、テクノロジーの凄さに感銘を受けました」。そして村からバングラデシュの東大と言われるダッカ大学やその他有名大学への合格者を輩出した。

 税所さんの支えとなったのは、現地パートナーの存在だった。「貧困の村からダッカ大学に入学した、マヒンという男です。初年度に難関大学合格者を輩出できたのは彼のおかげです」。マヒンさんは、受験勉強中精神的に挫けそうになった村の子どもたちを励ました。「マヒンと一緒にダッカ大でオープンキャンパスみたいなこともしました」。実際に「目標」を目にした子どもたちは挫けそうな心を奮い起こした。「何より村からダッカ大に進学したマヒンの存在が、村の子どもたちの支えになっていたと思います」。

 翌年は、プロジェクトの拡大を図り、マヒンさんと事業化を進めたが失敗。一時は「e-Education Project」が解散の危機に瀕し、悩みに悩んだが、税所さんは夢に向かって再び走り出している。税所さんの力強く後押しをしているのは、“DO IT! DO IT! GO AHEAD!(前へ! 前へ! 前へ!)”というユヌス総裁の言葉だ。「将来的には、いろんな国でマヒンのようなパートナーとコラボして、アジアの子どもたちに向けた教育インフラを整えていきたいと思っています」。開拓者として、税所さんがさらなる高みへと羽ばたく日は近い。

PCを見つめる真剣なまなざし

2011年7月、国際的NPO団体SIFE主催のコンテストに参加団体代表の薄井大地さん(政経)をはじめとする早大の仲間たちと出場し優勝。税所さんは、バングラデシュでの活動について熱く語った。10月にはマレーシアで行われる世界大会に出場する

自らの成長ストーリーを綴った『前へ! 前へ! 前へ!』(木楽舎)

(提供:早稲田ウィークリー

税所 篤快(さいしょ・あつよし)/教育学部3年

1989年生まれ。本学教育学部3年。東京都立両国高校卒業。高校3年春の偏差値は28。そこから大手予備校の映像授業を受けて、見事本学に合格。19歳でグラミン銀行の研究ラボ「GCC」初の日本人コーディネーターに。2010年「e-Education Project」を立ち上げ、代表に就任。「みんなの夢アワード2010」で最優秀賞とワタミ特別賞をダブル受賞。2011年、「e-Education Project」立ち上げに至るまでの自らの成長ストーリーを綴った『前へ! 前へ! 前へ!』(木楽舎)を出版。