早稲田大学の教育・研究・文化を発信 WASEDA ONLINE

RSS

YOMIURI ONLINE

ホーム > 教育 > ぴーぷる

教育

▼ぴーぷる

略歴はこちらから

自由でクリエーティブな「武道」、
スポチャンの魅力を知るべし!

石井 健太(右)/文学部4年
野村 五月/スポーツ科学部1年
倉内 駿介(左)/教育学部2年

試合の際に使用する防具

 スポーツチャンバラ、略してスポチャン。名前を聞けば、何となくイメージできるという程度のいわゆるマイナースポーツかもしれない。しかし実際は、40年もの歴史があり40カ国、40万人がこのスポーツに魅せられている。スポチャン発祥の地・日本はもちろん、ロシアやイタリアが強豪国で、“サムライ”に憧れて始める外国人も多いそうだ。

 早稲田大学にスポーツチャンバラサークル「剣隼会」が創設されたのは2005年。歴史は浅いが、数々の優勝経験を誇る。倉内さんはスポチャン経験者だが、高校時代は剣道部。石井さんは、ラガーマンだった。マイナーな競技なだけにほとんどが初心者だというが、真剣に技を磨くと、めきめき上達するとか。「他のスポーツと比べて、結果が割と早く出るので、どんどん面白くなる。それでいて、奥も深いんですよ」と“スポチャン愛”を語る倉内さん。

 スポチャンの武器は、浮き輪のように空気を入れて使う「エアー剣」で、当たっても痛くない。短刀、小太刀、長剣、槍などの種類があり、自分の好きな武器で戦う異種の部や2つの武器を使う二刀の部もある。また個人戦だけでなく、10人対10人の合戦など、楽しみ方もいろいろ。ジャンプして相手の技をかわしたり、せわしなく相手の周りを飛び跳ねて奇襲をかけたりするなど、観るだけでも楽しい。試合には、なんと1歳児から参加することができ、剣道、フェンシングなどで腕を磨いた猛者が、自らの剣術を試しにやってくるとか。最近、大学生の間でも盛り上がっているそうだ。

 そんな中、1歳でスポチャンを始めたという世界チャンピオンの野村さんが2011年、剣隼会に入部。「野村さんはスポチャン界のアイドル的存在。早稲田に来ると聞いて、うれしかった一方、緊張しました」と2人。野村さんは、151㎝と小柄だが、2m20㎝の選手に勝ったこともあるとか。スポチャン一家で育ち「家でボーッとしていると、母が突然素手で打ってきて、避けないと怒られるんです(笑)。おかげで反射神経が鍛えられました」とスポチャン版『巨人の星』を地でいく経歴の持ち主だ。

これが長剣(刀)。剣の種類は短剣、小太刀、長剣、杖、棒、槍と7種類も

 スポチャンのルールは他の武道に比べると緩やかで、独自の技を考案するなど、自由なところが魅力。「中学生のときに、『るろうに剣心』の天翔龍閃を試みたのですが、断念しました」と倉内さん。石井さんは“回転斬り”を仕掛けられた経験があるという。回転斬りとは、その名の通り回転した後で攻撃する技だ。突然回転することで対戦相手を驚かし、その隙を狙うのがこの技の醍醐味。「一瞬ひるんだんですが、回転斬りは回転している間に本人に隙が出来るので、その隙を狙って勝ちました!」と笑えるエピソードに事欠かない。「戦術を考えるのに頭も使うし、独創的なので、早稲田の気質にあっていると思いますよ」と石井さん。

 この面白さにはまると、日常生活でもスポチャンのことばかり考える“スポチャン脳”になるという。「人ごみで、もしこの場が合戦だったら? と考えたり、何でもスポチャンに結びつけてしまいます」と石井さん。「私も練習帰りに夜道を歩いているとき、今ここで暴漢に襲われたらどんな技を使おうと想像しているんです。でもそんなときに限って、中学生と間違われて補導されそうになるんですけど(笑)」と野村さん。

 目標は3人同時に世界チャンピオン。身近に世界チャンピオンがいる環境で、初心者から始められるスポーツはなかなかない。武道が好きで世界一を目指すなら、スポチャンに捧げる学生生活、ありかもしれない。

スポチャン風“W”

躍動感ある試合風景。動きが早すぎて剣が見えない!

(提供:早稲田ウィークリー

石井 健太(いしい・けんた(右))/文学部4年

1989年大阪府生まれ。大阪明星高等学校卒業。文学部4年。2008年全日本学生大会初代新人王、2009年全日本大会長剣の部3位、2010年関東学生リーグ戦大会優勝。学生時代の思い出は、ミルクホールでコーヒーを飲みながら哲学談義。趣味は料理という意外な一面も。「シフォンケーキは、毎日焼いていたので自信があります」

野村 五月(のむら・さつき)/スポーツ科学部1年

1992年高知県生まれ。土佐女子高等学校卒業。スポーツ科学部1年。2010年世界大会基本動作の部チャンピオン。2011年全日本大会二段の部(基本動作)優勝。「世界選手権の5連覇を目指して頑張ります!」。最近、サッカー観戦に目覚めたとか。「早慶戦は燃えました!!」

倉内 駿介(くらうち・しゅんすけ(左))/教育学部2年

1991年東京都生まれ。巣鴨高等学校卒業。教育学部2年。2011年全日本大会初段の部(小太刀)準優勝。「次の世界大会では、打突の部グランドチャンピオンになります!」。好きな食べ物は甘い物全般というスイーツ男子。「石井先輩のシフォンケーキ、食べてみたいです!」