早稲田大学の教育・研究・文化を発信 WASEDA ONLINE

RSS

YOMIURI ONLINE

ホーム > 教育 > ぴーぷる

教育

▼ぴーぷる

略歴はこちらから

U-23日本代表唯一の学生選手
夢は早稲田のチームで大学日本一

ア式蹴球部女子部
高木 ひかり/スポーツ科学部4年

 「一番楽しいのはボールを蹴っているとき」と、サッカーを始めた小学校3年生のころを伺わせる、屈託ない笑顔でプレーの喜びを語るのは、U-23サッカー日本女子代表選手の高木ひかりさん。2002年の日韓W杯をきっかけにサッカーにのめり込み、その後中学、高校と日本トップレベルでの戦いを続けてきた。

 大学進学後はア式蹴球部での活動に加え、日本代表やユニバーシアード代表として海外遠征や合宿へ行くこともしばしば。「でもあまり忙しいとは思いません。予定に追われている方が好きなので。海外遠征は非日常感があって、なぜか課題がはかどります(笑)」と朗らかだ。「授業に出られないときは教授と連絡を取り、遠征先からレポートなどを提出します。スポーツビジネスマーケティングのゼミに所属していて、今年は女性用スパイクシューズの購買調査をテーマにした卒論を執筆予定です」と話すように学業にも励む。

 「目標は、まだ達成できていない大学女子サッカー日本一になること。真剣に取り組めばそれだけ良い結果につながると思うし、自分にも成長という形で返ってくる。全てにおいて全力で取り組みたいです」。

(提供:早稲田ウィークリー

高木 ひかり(たかぎ・ひかり)/スポーツ科学部4年

静岡県出身。常葉学園橘高等学校卒業。U-23サッカー日本女子代表(日本サッカー協会編成による23歳未満のナショナルチーム)およびユニバーシアード日本女子代表選手。日本代表でのポジションは、攻撃の起点をつくるMF(ミッドフィールダー)。チームとしての主な戦績は、2010FIFA U-17女子W杯準優勝、2012FIFA U-20女子W杯3位。好きなサッカープレーヤーは元イングランド代表のS・ジェラード選手。