早稲田大学の教育・研究・文化を発信 WASEDA ONLINE

RSS

YOMIURI ONLINE

ホーム > 教育 > ぴーぷる

教育

▼ぴーぷる

W杯米国戦でワセダピース!
歓喜の初トライ3勝に貢献

写真:YUTAKA /アフロスポーツ
略歴はこちらから

ラグビー日本代表
藤田 慶和/スポーツ科学部4年

 南アフリカ戦でのまさかの逆転劇に日本中が熱狂した、ラグビーワールドカップ(W杯)イングランド大会。「人に感動を与えるという目標が形になりうれしい。日本ラグビーを世界に印象付けることができました」と、W杯史上初の3勝を収めた日本代表選手、藤田さんは振り返る。

 初出場した米国戦ではトライも決め、勝利に貢献。得点の瞬間一気に湧いたスタジアムの歓声は、今でも耳に残っていると言う。その後には頭上に“ワセダピース”を掲げ、ラグビー蹴球部への感謝の気持ちを表した。「みんながサプライズで応援ムービーを送ってくれた。米国戦まで出場できなかったとき、それが心の支えになっていました」。

 スター選手として、ずっと第一線で活躍をしてきた藤田さんだが、この大舞台で試合に出られない悔しさも知った。どんな状況でも常に100%の力で臨み、決して諦めないことを学んで、大きく成長できたと語る藤田さん。「これまで日本代表の練習が多く、早稲田のチームメイトには迷惑をかけてきました。学生生活の最後に、全国大学選手権での優勝を、最高の仲間と味わってみたい」。世界級の技を武器に、早稲田フィフティーンとしての戦いが始まる。

(提供:早稲田ウィークリー

藤田 慶和(ふじた よしかず)/スポーツ科学部4年

写真:CameraSport /アフロ

京都府出身。東福岡高等学校卒業。父親が代表を務めるチームで小学生からラグビーを始める。高校では無敗伝説を築き、全国高校選手権3連覇。7人制、15人制ラグビーの双方で日本代表最年少出場記録を更新。2015年には世界の一流選手のみで構成される英国名門チーム「バーバリアンズ」のメンバーにも選出された。7人制ラグビーの日本代表としては、2016年リオ五輪出場権獲得。ポジションはFB、WTB。嫌いな食べ物はトマト。