早稲田大学の教育・研究・文化を発信 WASEDA ONLINE

RSS

YOMIURI ONLINE

ホーム > 教育 > ぴーぷる

教育

▼ぴーぷる

育成指名「あえて厳しい道を」 ソフトバンクホークス大竹耕太郎の挑戦

略歴はこちらから

大竹 耕太郎/スポーツ科学部 4年

「3桁の背番号から這い上がる!」

 早稲田大学野球部をエースとして引っ張ってきた大竹耕太郎選手。10月26日に行われたプロ野球新人選手選択会議(ドラフト会議)では、育成契約(※)ながら、今年日本一になった福岡ソフトバンクホークスから指名を受け、来春からプロ野球選手として新たな道に進みます。そんな大竹耕太郎選手に、小さいころからファンだったチームに指名を受けた感想やプロでの抱負、早稲田での思い出を聞きました。

(※)将来性を期待し、育成することを目的に契約する選手で、二軍の試合には出場できるが、一軍の試合に出場するためには支配下登録選手(日本野球機構に所属するプロ野球12球団が特定の選手との間で排他的かつ独占的に契約を結ぶ状態であることを各リーグに届け出た選手)になる必要がある。現役で活躍中の主な選手は、山口鉄也投手(巨人)、千賀滉大投手(ソフトバンク)などが育成契約で入団している。

――育成ドラフト4位で福岡ソフトバンクホークスから指名を受けたときの気持ちを聞かせてください。

担当スカウトとしてマークを続けてきた山本省吾スカウト(左)

 幼いころに観戦に行き、野球を始めるきっかけとなった地元九州のチームである福岡ソフトバンクホークスから指名いただき、チームの一員となれることをうれしく思います。育成指名ということで厳しいスタートとなりますが、ホークスは育成面の環境が整っているので、その恵まれた環境の中でも自分を見失わないようにしっかりとやっていきたいと思います。まずは支配下登録されるように、全力で、泥臭くやっていきます。

――ドラフト会議当日は緊張しましたか?

2015年春の慶應義塾大学戦では完封勝利を飾り、胴上げ投手に(写真提供:早稲田スポーツ新聞会)

 早慶戦の前々日だったこともあり、普段通りに練習して、あえて意識しないようにしていました。ただ、その日のノックは人生で一番多くのミスをしましたし、食事のときにはしょうゆとソースを間違えてかけていました。緊張している自覚は自分の中ではなかったのですが、その日はいろいろなことがおかしかったですね(笑)。

――社会人野球など他の選択肢もあったと思いますが、自分でも「厳しい」と認識している3桁の背番号を背負う育成契約です。入団を決意した理由を教えてください。

 ホークス以外だったら、正直育成では行くつもりはなかったです。ホークスには育成からはい上がってきた選手も多くいますし、三軍制を敷いていて試合に出るチャンスも多いと思うので、そういった面も含めて決断しました。あとは社会人野球に行くのは自分の中では“逃げ”のような気がしていて、あえて厳しい道を選択して、挑戦しようと思いました。

 ホークスは寮もとても広く、野球をするには最高の環境で、大変ありがたいです。でも、そういう環境だからこそ、ハングリー精神を失わないように、育成という立場を忘れずにしっかりはい上がっていこうと思っています。

――ホークスの工藤公康監督について、どのようなイメージを持っていますか?

 工藤監督は、僕が高校生のときに「熱闘甲子園(※)」のキャスターをされていました。番組の中で、その日試合をした選手の中から1名に宛ててメッセージを送るコーナーがあったのですが、自分がメッセージをもらったことがあります。自分たち済々黌高校が大阪桐蔭高校に負けた試合だったのですが、「負けたけど投げる姿がよかった」と言ってもらったのを覚えています。そういった意味でもご縁を感じています。まだお会いしたことはないんですが、選手一人一人をしっかり見ていらっしゃるイメージで、選手としてはやりやすいんだろうなと思っています。また、野球や体調管理などに関して研究をされているようなので、ぜひいろいろ聞いてみたいです。具体的には、自分は軸足が折れながら投げてしまうので、もっとホームベース方向に真っすぐ踏み出すためにどんなトレーニングをすればいいのかを聞いてみたいですね。

(※)全国高等学校野球選手権の大会期間中にテレビ朝日系列局で放送される同大会のダイジェスト番組

早稲田での最後の登板となった2017年秋の慶應義塾大学戦(写真提供:早稲田スポーツ新聞会)

――同じパ・リーグには、一緒に早稲田でプレーしてきた先輩たちがいます。対戦したい先輩などいますか?

 中村奨吾(2015年スポーツ科学部卒業・千葉ロッテ)さんや有原航平(2015年スポーツ科学部卒業・北海道日本ハム)さんなど早稲田の先輩たちから、祝福と「育成で大変だろうけど、いつか対戦できるように頑張れ」と激励のメッセージをもらいました。プロで対戦したいのは、茂木栄五郎(2016年文化構想学部卒業・東北楽天)さんです。茂木さんは学生時代、僕のことを苦手にしていたので、プロでも抑えたいですね。

――早稲田での一番の思い出は何ですか?

 やはり日本一になったシーズン(2015年春)です。優勝パレードでお立ち台に立たせてもらい、夢の中にいるような気持ちになりました。

――早稲田での4年間はどんな時間でしたか?

 熊本の小さなコミュニティーから出てきて、人間としてとても成長できたと思います。早稲田大学にはいろいろな分野のすごい人がいて、OB、現役に関係なく、そういった方たちと接することができ、人間としての幅広さや教養なども身に付いたと思います。常日頃から、早稲田の選手であることの自覚を持つように、そしてこれまでの先輩たちのおかげで自分たちがプレーできていることを感謝するようにと周囲から言われてきました。それはこれからも変わりませんし、早稲田大学野球部のOBとして手本となれるような選手を目指していきます。

――早稲田で学んだことはどんなことですか?

 同じクラスに庭球部主将の細沼千紗(スポーツ科学部4年)さんがいて、仲良くしています。彼女も一度どん底を味わいながら、ヨネックス軽井沢国際女子テニス大会などで優勝しましたし、全日本大学対抗王座決定試合では団体戦で大学日本一になりました。お互いに苦しいときは声を掛け合い、励まし合ってきました。他にも各競技のトップレベルの選手が多くいたので、競技に対する姿勢などを吸収させてもらいましたし、人間的にも成長できた時間だったと思っています。

――これからどんなピッチャーを目指しますか?

 150km超のボールを投げるピッチャーが多くいる中で、自分に求められるのは150kmのボールを投げることではなく、緩急や投球術などで抑えていくことだと思うので、そういった部分をこれから磨いていきます。ヤクルトの石川雅規投手のように、球速は140kmぐらいでも直球のキレや変化球のコントロールで抑えていけるような投手が理想です。

 まずはけがをしない体作りに励みます。大学では2年生でたくさん投げたため、3年生で体がもたずにけがをしてしまいました。プロは一度けがをするとそこから上がっていくのは難しいと思うので、しっかり土台作りをし、けがをしない体作りと体の使い方を覚えていきたいです。併せて筋力アップをして、シーズンを通してけがなく投げられる体にしていきたいです。

(提供:早稲田ウィークリー

大竹 耕太郎(おおたけ・こうたろう)/スポーツ科学部 4年

【プロフィール】
 熊本県出身。県立済々黌高等学校卒業。高校時代は甲子園に2度(2012年夏、2013年春)出場し、2014年に早稲田大学入学。1年生から先発投手として出場し、2年春には完封勝利で胴上げ投手となる。3年以降はけがで出場できない苦しいシーズンを過ごすも、4年で復活。左投げ、左打ち。