早稲田大学の教育・研究・文化を発信 WASEDA ONLINE

RSS

YOMIURI ONLINE

ホーム > 教育 > スタディ・アブロード―世界から早稲田へ―

教育

▼スタディ・アブロード―世界から早稲田へ―

From Turkey to Waseda
トルコから早稲田へ

ジャンス・ウラッシュ・デニズ/国際情報通信研究科 修士課程2年

トルコから見た日本人は「発明民族」

 アンカラ大学で日本語と教育学を学んだデニズさんは、働き出してからも日本留学の夢があきらめられなかった。「進んだ技術や制度を作り上げた日本人は、トルコではとても尊敬されているんですよ」。自動車やさまざまなIT技術など、トルコから見た日本人はまさに「発明民族」だと話す。「留学準備のために、勤めていた会社も辞めて準備に専念しました。でもトルコ国内の国費留学スカラシップの試験には2度落ちたんです。でもあきらめませんでした」。苦境はデニスさんの日本への関心をさらに高めた。念願がかなって2007年に国費留学生として来日。また留学の直前には、トルコで知り合った日本人女性との結婚も果たした。

初めて学んだ時間管理の大切さ

 同年11月には本学GITSの修士課程に進学。「社会の制度を変えるような情報技術を学びたい!」という強い意志があったからだ。しかし「初めての日本では、組織や集団意識の違いから、研究室に馴染むのも難しく感じました」と振り返る。たびたび研究に対しても後ろ向きになることもあった。そんなときゼミの北村歳治先生は、デニスさんにむしろ厳しく接したという。「それは僕自身に主体的に勉強させる必要を、気付かせるためだったんです。先生は2冊の本を読むよう渡してくれました。一冊900ページもある経済学の本と、もう一冊は日本語での論作文方法の本でした。これを1カ月で読み、レポートを提出するように言われたんです」。それからは毎月少なくとも2本、年間20本以上のレポートや論文を書く日々が始まった。
「正直研究は大変です。でも、それがとても自分のためになっている実感があるんです。おかげで自分自身で、勉強とリラックスする時間を明確に分けて、時間管理ができるようになりました」。当初苦手だったライティングも、日常的に書き続けることで、苦手意識を克服したのだ。「その後、北村先生のことが大好きになり、先生のもとで研究できることをとても誇りに思っています」と力を込めて話す。

トルコに伝えたい日本の「流儀」

 「今は情報技術が観光産業をどう変えたか、などのテーマに関心があります」。昨年はマレーシアのマラヤ大学で行われた、研究室間の学術交流会などにも参加。活躍の場は世界に広がっている。「日本では研究だけでなく、その風土からも多くのことを学んでいます。まず日本人の心や穏やかさ、物腰、また社会・経済の制度を学び、それをトルコにも自らの言葉で伝えてゆきたいのです」。トルコの社会をよりよく変えたいという、デニスさんのまっすぐな思いが伝わってきた。

(提供:早稲田ウィークリー