早稲田大学の教育・研究・文化を発信 WASEDA ONLINE

RSS

YOMIURI ONLINE

ホーム > 教育 > スタディ・アブロード―早稲田から世界へ―

教育

▼スタディ・アブロード―早稲田から世界へ―

From Waseda to People's Republic of China
早稲田から中国へ

高田 あゆみ/国際教養学部4年

大学をも動かした持ち前のバイタリティ
大連森林動物園で

大連森林動物園で

 最初の留学は高校時代。カナダのバンクーバーに約10カ月滞在した。その時から心の奧に「アジアの言葉を学びたい」という思いが芽生えたのだという。「だから早稲田に入学する前から『中国への留学』という目標があったんです」と高田さんは語る。留学先は、大連外国語大学。所属は留学生向けの漢学院だった。本科は4年制だが、1年間の留学生は語学研修科に通う。だが高田さんは大学にかけ合って、留学期間中の前期は中国語講座だけでなく、英語学部で「マーケティング」と「国際貿易」の専門科目を学んだ。そして後期には、北京語で行われる本科の経済貿易学科への編入を希望した。「でも前例がないということで何度も断られて…」。しかし持ち前のバイタリティで、初の事例として認めてもらったという。

美しい「中国語(北京語)」の秘密

 「中国語といっても、実は地域によってかなりなまりがあるんですよ。あまり知られていませんが、黒龍江省の省都ハルピンの中国語が一番きれいだと言われているんです。だからアナウンサーはハルピン出身者が多いんですって」というトリビアを教えてくれた。大連の中国語にもなまりがあるとのこと。「一度、タクシーの運転手さんが何を言っているのか分からないこともありました」と当時を思い出して笑う。

一度、仲良くなると、強い友情で結ばれる
留学前期の語学研修の仲間。日本、韓国、イタリアからの留学生

留学前期の語学研修の仲間。日本、韓国、イタリアからの留学生

 日本との戦争という不幸な歴史があるものの、大連の印象はかなり「親日的」だったという。「日本企業の進出が目覚ましく、『経済開発区』として発展しているからかもしれませんが、日本語を学ぶ学生が多いのには驚きました」。中国の人は初めはどこかよそよそしいが、一度仲良くなるととても親切にしてくれる。旧正月には中国人の友人の家に招かれ、鳴り続ける爆竹を聞きながら、みんなで作った餃子を食べたことが良い思い出になっている。 帰国して実感したのは、自分が日本という国から解き放たれたということ。今はどこででも生きてゆけるように思える。そして「相手がどこの国の人であっても、そのまま受け入れることができる。今回の留学の大きな収穫です」と輝く笑顔で語ってくれた。

(提供:早稲田ウィークリー