早稲田大学の教育・研究・文化を発信 WASEDA ONLINE

RSS

YOMIURI ONLINE

ホーム > ニュース > ジョン・V・ルース駐日米国大使が講演会を開催

ニュース

ジョン・V・ルース駐日米国大使が講演会を開催

講演を行うルース駐日米国大使

 1月29日、ジョン・V・ルース駐日米国大使が国際会議場・井深大記念ホールで講演し、「東アジアにおいて半世紀にわたり平和をもたらしてきた事実を誇りに思っていい」と語り、日米同盟は平和の礎であると、同盟の重要性を強調しました。

 早稲田大学は、半世紀以上にわたり米国の高等教育機関と協力関係を築いてきました。2007年には日米研究機構を設置するなど、近年、教育・研究面での米国との良好な関係は深まるばかりです。ルース大使の「今後を担う若い学生が、日米同盟の議論の一端を担うことは重要」との思いから、本学での講演会が実現しました。

 講演は「日米同盟-今後も変わらぬその重要性」と題して行われました。ルース大使は、早稲田大学が研究などを通じて「アジアの安定と発展に尽くしている」と評価し、「教育を通じた交流が日米にとって重要である」と述べるとともに、「アメリカと日本は世界でもっとも革新的な二国」であり、「更に関係を拡大・深化させていきたい」と話しました。

 講演の最後に、「永続する同盟と友情を保ち、50年前の安全保障条約の調印者たちのビジョンに立脚した年にしたい」と締めくくると、会場を埋め尽くした約450名の観客から大きな拍手が送られました。

◆講演内容全文はこちらから(アメリカ大使館ホームページ)