早稲田大学の教育・研究・文化を発信 WASEDA ONLINE

RSS

YOMIURI ONLINE

ホーム > ニュース > 早稲田からクリエイトする(第2部)

ニュース

【早稲田大学校友広報紙「西北の風」特別企画】
堀井雄二さん・朝井リョウさん・岡室美奈子さん座談会

早稲田からクリエイトする(第2部)

 早稲田大学は、これまでに数多くのクリエイターを輩出してきました。今回は、『ドラゴンクエスト』の生みの親である堀井雄二さん、新進気鋭の作家である朝井リョウさんという、世代もジャンルも異なる二人のクリエイターが登場。文化構想学部の岡室教授とともに、クリエイターを輩出する土壌の秘密に迫ります。
[座談会会場]ホテルメトロポリタン(豊島区西池袋)

※(「西北の風」読者は第2部からお読みください)

出演者

堀井 雄二さん/ゲームデザイナー

1954年、兵庫県淡路島生まれ。77年、早稲田大学第一文学部卒業。フリーライターを経てゲームデザイナーに転向。ロールプレイングゲームの名作『ドラゴンクエスト』シリーズの生みの親として知られる。テレビゲームのパイオニアとして、日本のみならず世界のゲーム業界に影響を与え続けている。

朝井 リョウさん/作家

1989年、岐阜県不破郡生まれ。早稲田大学文化構想学部在学中。09年、青春オムニバス小説『桐島、部活やめるってよ』(集英社)で第22回小説すばる新人賞を受賞し作家デビュー。高校生活の中で起きた小さな変化を5人の同級生の視点から描き、瑞々しい筆致と確かな描写力で高い評価を得ている。

岡室 美奈子さん/早稲田大学文化構想学部教授

1990年、早稲田大学大学院文学研究博士後期課程単位取得退学。PhD(UCD)。早稲田大学文学部専任講師、助教授などを経て現職。演劇・テレビ論を専門とし、特にサミュエル・ベケット研究では日本を代表する存在。主な著書に『知の劇場、演劇の知』(ぺりかん社)、『ベケット大全』(共編著/白水社)など。

ツールの進化で創作方法も変化
岡室

どんな本を読んでいたんですか?

朝井

小学生のころからずっと、講談社の「青い鳥文庫」が好きでした。はやみねかおるさんと松原秀行さんとか。今も好きで、大学でみんなが難しそうな本を読んでいる中、僕だけ青い鳥文庫を読んだりしています(笑)。

岡室

なるほど。あと感心したのが女の子の描写なんですが、どうしてあんなに上手に書けるんですか?

朝井

女子って、男子から見ると別な生き物のようですごく面白いんですよ。女子特有の歯ごたえみたいなものがあって(笑)。僕はその辺を敏感に感じてしまって、とても嫌な目で見ていた部分があったんです。

岡室

かわいいだけであまり賢くない女の子への目線が冷たいですよね(笑)。

朝井

冷たいわけじゃないんですけど、かわいいということを最大限の武器だと思っているのが、何だかいやらしく見えたんですよ。あの本を読んだ高校時代の女友達には、「そんな目で見ていたんだ」ってすごく怒られました(笑)。大学の女友達からは、「あんたと同じ高校じゃなくてよかった」って言われましたね。自分にもそういう時期があった、見透かされたくなかったって。

岡室

そうなんですか。堀井さんの高校時代はどんな感じだったんですか?

堀井

漫画を描いていました。当時、周りには女の子とつきあっているような子はいなかったですね。漫画を描いている人もあまりいなかったので、みんながうまいって言ってくれてね。「俺はうまいんだ」と思っていました(笑)。実は高3の夏休みに、自作の漫画を持って永井豪さんのところへ行ったんです。弟子にしてもらおうと思って。でもそんなに甘くないですね、やんわりと断られましたよ。じゃあ大学にでも行くかと。

朝井

それで早稲田に入られたんですね。僕、早稲田には変わった人がたくさんいるのかなと思っていたんですが、入ってみると意外に普通と言うか、創作しながらも地に足がついている人が多かったですね。

岡室

そうですね。特に朝井さんや私がいる文化構想学部は、小説や漫画を創作していても「おたく」と言われることもなく、許容される雰囲気がありますね。私のゼミでも映像制作をするときはすごく盛り上がりますし、「授業に対するコメントを書いてください」と言うとぎっしり書いてきてくれる。それがとても楽しいんですよ。早稲田の学生には、表現に対する欲望がありますね。

朝井

学生の方も楽しいんですよ。特に文化構想学部は、書いたものを先生が読んでくれているということがよくわかりますから。

堀井

昔に比べて創作をしやすくなったということもあるかもしれません。携帯小説を書いている人も多いし、ツイッターも創作ツールの一つですよね。ツイッターと言えば、ネットワークで遊ぶMMOロールプレイングゲームに似た部分もあると思うんですよ。自分のプロフィールやつぶやきを装備して、他人に見つけてもらえたりフォローがもらえたりと、自分が何か影響を受けるかもしれないというワクワク感がある。そこがゲームっぽいなと思います。

朝井

ツイッターって、みんな自分のことを言っているようで「作った自分」を書いたりしていますね。大学生だと、つぶやいている時間で自分を演出することも結構あるんですよ。「朝4時につぶやいている自分」を作る、みたいな。僕は自意識過剰になっちゃうタイプなので、ツイッターには向いていないと思います。

堀井

僕はね、時間をとられちゃうのであまりハマらないようにしているんですが、身分を隠してやっているんですよ。今、フォロワーが30人ぐらいかな(笑)。

岡室

正体がバレたらフォロワーがすごい数になりそうですね(笑)。でもツイッターって面白いことに、確かに演じる部分もあるけれど、わりと反射的につぶやいちゃうから演じきれない部分も見えてしまう。本音の自分と演技する自分、両方を意識させてくれるツールだと思うんです。私は本名でやっていますが、卒業生や学生とコミュニケーションできたり、ドラマの論評をするとそのディレクターがフォローしてくれたりと、広がり方が面白い。コミュニケーションという面では、ゲームもそうしたツールの一つと言えますね。

堀井

そうなんです。ゲームというツールを共有することで、それをネタにしてみんなと遊んだり話したりすることができる。だから『ドラゴンクエスト』は受けているんじゃないでしょうか。人はやはり人が好きなんですよ。人が集まる方にみんな集まっていく。今は人気商品にはすぐに行列ができるし、特にその傾向が強まっていますよね。

岡室

今、みんながコミュニケーションを求めている感じがしますね。そういう意味でも、コミュニケーションツールとしてのゲームの可能性は、今後もっと大きくなっていくと思います。

堀井

ゲームもそうですが、コンピューターの進化に伴って色々なもののつくり方が変わってきましたね。例えば小説でも、昔は原稿用紙だから話の順序通りに書いていくしかなかった。今はパソコンで書けるから、途中のシーンをまず先に書いて、物語が出来上がってから順序を入れ替えることもできるでしょう。

朝井

確かにそうですね。今のお話を聞いて、僕はすでにそういう考え方になっているんだなあと思いました。物語を順序通りに考えるのではなく、シーンから書いていくので。

岡室

私も、もののつくり方は加速度的に変わってきていると思います。私が担当している作品分析のゼミでも、旧来のやり方では分析ができなくなってきているんですよ。例えば、今はドラマが映画につながっていくことが多いけれど、それをどこまで一つの作品として捉えるのか、ドラマや映画へのゲーム文化の影響をどう考えるか……。そういう意味では、堀井さんはゲームという一つの日本文化を創造されたと言えると思います。

早稲田から「つくる人」を育てたい
岡室

学内やその近辺で印象に残っている場所はどこですか?

堀井

僕は、文学部のスロープがある場所でよく時間をつぶしていました。文学部のそばの神社「穴八幡」で缶蹴りをしたり、漫研のヤツが住んでいた3畳間のアパートに集まったり。店では、当時は「キッチンおとぼけ」とかラーメン屋の「メルシー」とかありましたけど、今はかなり変わったんでしょうね。

朝井

あ、2軒とも今もありますよ。堀井さんのころからあったんですね。僕は、学館の地下2階で結構長い時間を過ごしました。そこがずっと開放されていて「ダンサーの場所」みたいになっているんです。今もそこに行けばダンスサークルの同期や先輩など、誰かが必ずいますね。

岡室

授業では、何が印象に残っていますか?

堀井

あまり授業に行っていなかったもので(笑)。でも体育でウェイトリフティングをとっていて、それが意外と楽だったのが印象に残っています。

朝井

僕は体育ではバレーボールをとっていました。ほかの授業では、サブカルチャー論の宮沢章夫先生が印象的でした。何を考えているんだろうって思うような、本当に面白い方で。絵でも文章でもいいから何かを表現しなさいっていう課題を出されたり、小説を書いて学生同士で批評し合ったり、こんなことほかの大学でもやっているんだろうかって思うような授業ばかりで。毎回試されている感じがして、とても面白かったです。

堀井

僕のときは、小説の書き方を教える授業はなかったですね。確か、まだ文芸系がありませんでした。

岡室

2007年に第一文学部と第二文学部が募集を停止して、代わりに文化構想学部と文学部いう新しい学部ができたんです。朝井さんはその文化構想学部の文芸・ジャーナリズム論系の学生で、私は表象・メディア論系でメディア論やテレビ文化論などの授業を担当しています。

朝井

メディア論の授業はとても人気があって、受けたいと思っている学生がたくさんいるんですよ。

岡室

それはうれしいですね。今、サブカルチャーやゲームなどの文化は加速度的に変わってきているので、学問もそれに対応していかなければいけないと思っているところなんですよ。朝井さんが言われた宮沢先生は日本を代表する劇作家の一人ですが、そういった個性的な授業を通して、学生たちに学ぶことの楽しさ、創作の楽しさを知ってほしいですね。

堀井

そうですね。早稲田の学生はものをつくりたがっている人が多いと思いますが、何でも頭の中にあるうちは傑作なんですよ。それを出すことと完結させることが大変なんです。だから、どんなものでもいいからとにかく1個つくってみることが大事だと思います。そうやって今のうちに、頭の中にあるものと出来上がったもののギャップを知る作業をしておいてほしい。学生の皆さん、がんばってください。

朝井

僕も、これからも自分が読みたい話を書き続けていきたいです。子どものとき、本を読んでいると残りのページが少なくなっていくのがとてもつらかったんです。「ああ、読み終わってしまう」っていうあの何とも言えない感情を、自分の手でずっとつくり出していきたいと思います。

岡室

これからも、堀井さんや朝井さんのように何もないところからものをつくり出せる人たちが、早稲田大学からどんどん育ってくれることを願っています。今日はどうもありがとうございました。

(了)

(第1部へ)