早稲田大学の教育・研究・文化を発信 WASEDA ONLINE

RSS

YOMIURI ONLINE

ホーム > ニュース > 早稲田棋士 未来を担って躍進(後編)

ニュース

【早稲田大学校友広報紙「西北の風vol.12」(2012年9月発行)特別企画】
広瀬章人さん・中村太地さん・瀧澤武信教授 座談会

早稲田棋士 未来を担って躍進(後編)

 早稲田大学の卒業生で、若手棋士として活躍する広瀬章人さんと中村太地さんをお招きし、コンピュータ将棋協会会長でありその開発も行っている政治経済学術院の瀧澤武信教授の司会のもと、対談していただきました。広瀬さんは大学入学と同時にプロ入りし、学生として史上初めてタイトル(王位)を獲得し、また中村さんは高校2年生でプロに入り2012年には初タイトルに挑戦しました。早稲田が生んだ二人の注目棋士の内面に迫ります。
[座談会会場]東京将棋会館(渋谷区千駄ヶ谷)

出演者

広瀬 章人さん/日本将棋連盟 棋士(七段)

 1987年、東京都江東区生まれ。早稲田大学教育学部卒業。2005年、早稲田大学入学と同時にプロ棋士となる。09年、第40期新人王戦の決勝で中村太地さんを破り、棋戦初優勝。10年の第51期王位戦では羽生善治名人、深浦康市王位らを破り、大学生としては史上初の王位を獲得した。師匠は勝浦修九段。

中村 太地さん/日本将棋連盟 棋士(六段)

 1988年、東京都府中市生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業。2006年、早稲田実業学校高等部在学中にプロ棋士となる。11年度には史上2位の高い勝率を記録。12年の第83期棋聖戦で挑戦者決定戦に勝利し、初のタイトル獲得に挑んだが羽生善治棋聖に敗れる。師匠は米長邦雄永世棋聖。
 
 

瀧澤 武信/政治経済学術院教授・コンピュータ将棋協会会長

 1951年生まれ。80年、早稲田大学大学院理工学研究科数学専攻計算数学専修後期課程単位取得後退学。玉川大学工学部専任講師、早稲田大学政治経済学部教授などを経て2004年4月から現職。研究テーマは人工知能・知識工学のゲームへの応用、ファジー理論の教育工学への応用など。コンピュータ将棋開発の先駆者として知られる。

「鉄の心」を持つ
中村

実際、コンピュータはとても強くて、絶対に自分の陣地を崩さない。これは引き分けに持ち込むことはできるかもしれないけれど、勝つのは大変だと感じました。対戦は長丁場ですから、その間ずっと完璧な手を指し続けるのは人間にとってはかなり難しいです。

広瀬

人間はついつい「もっと良くしよう」と思ってしまうから、その一瞬の隙を突かれてしまうんでしょうね。人間はしない攻め方をしてきますよね。

瀧澤

最近コンピュータも強くなってきたとは言え、もちろん負けることもあるんですよ。最近のワークショップでは、2010年に清水女流と対戦して話題になった『あから2010』の簡易版『あから1/100』が元アマ竜王の方に負けました。このソフトはそれまでアマチュア相手に100連勝以上していたものです。コンピュータは定跡を乱数で決めるので、たまにコンピュータ側が不利になる定跡を選ぶことがあります。ただ、将棋は一手間違っただけで負けてしまうゲームですから、元アマ竜王も最後まで油断できなくて緊張の連続だったと聞きました。

広瀬

人間にはないお家芸というか、コンピュータには独特の粘り強さがありますね。人間は、特に終盤などに一か八かで勝負に出るときがあって、これこそ人間同士の対局の醍醐味でもあると思うんですが、コンピュータに「一か八か」はない。盤上の雰囲気が違う理由もそこにあるのかもしれません。

中村

コンピュータと対戦するときは、時間の使い方も工夫が必要ですね。僕たちが1時間考えるところを、コンピュータは数秒で考えて動くわけですから。しかもまったく迷いがない。あの鉄の心がほしいです。

瀧澤

人間同士の対戦は、心理的な部分が色濃く影響するからこそ見ていて面白いんだと思いますよ。ちなみに、お二人はお互いの棋風(将棋のタイプ)をどう感じていますか。基本的に、どちらも前に行く激しい棋風のように思いますが。

広瀬

確かに、激しい戦い方をすると言われることが多いです。特に中村さんは、プロに成り立てのころはものすごい攻め将棋でしたよね。

中村

そうですね。自分では「無理攻め」と言っていたんですけど、激しい将棋が得意だったと思います。でも最近は受けることの大切さにも気づいて、ちょっと棋風を変えました。大人になったんでしょうか(笑)。

「棋は対話なり」
瀧澤

そもそもの話になるんですが、将棋を始めたきっかけは何ですか。年齢的には、羽生さんに憧れて始めた世代になるんでしょうか。

広瀬

小さいころ父に教わったのがきっかけです。羽生さんの名前を知ったのはその後でしたね。

中村

僕もそうです。将棋を始めた後に羽生さんに憧れるようになって、それで余計に熱中するようになりました。最近は漫画の影響もあって、将棋をする子どもが増えているそうです。うれしいことですね。

瀧澤

棋士は対戦する会場によって移動することも多いですよね。対戦も長丁場で体力を使うと思うのですが、健康管理の面で気をつけていることはありますか。

広瀬

若手のころはこの将棋会館で対戦することが多かったのですが、移動して連戦、という機会が増えたときは正直しんどかったですね。体力作りをしなくちゃいけないなと思いつつも、実際はよく寝るように気をつけるぐらいで、何もしていません(笑)。学生時代は学生会館のジムをよく利用していましたが、今はジムに行くこともないですね。

中村

僕も何もしていないです。ただ、初めて行く会場でも自分のペースを乱さないようには気をつけています。棋士って基本的にみんなマイペースなんですが、中には驚くようなマイペースぶりを発揮している人もいるんですよ。僕もそうなりたいです。

広瀬

中村さんもなかなかいいマイペースぶりだと思うけど(笑)。将棋はマイペースな人の方が絶対に得ですよね。

瀧澤

年長者からのアドバイスとしては、マイペースでいるためにも何か体力作りをした方がいいと思いますよ。年を取るにつれて体力は落ちてきますからね。勝負をする人は、精神面はもちろん体力的にもタフさが必要でしょう。ところで、お二人にとって将棋の魅力とは何でしょうか。

広瀬

将棋はプロの棋士でもわからないことだらけで、本当に奥が深いですね。「将棋の神様とは何なのか」と思うぐらい。何が最善なのかわからないままに指すこともあって、そのわからなさが一番の魅力ですね。あと、世代を問わずに勝負できるのもいいところ。これだけ幅広い世代が対戦できるゲームは、ほかにはあまりないのではないでしょうか。

中村

確かにそうですね。僕にとっては幅広い世代が楽しめて、しかもコミュニケーションツールになるところが魅力です。駒や盤上の制約がある中で自分を表現して、相手の表現と対峙する。「棋は対話なり」という言葉がありますが、本当にその通りだと日々実感しています。

瀧澤

最後に、今後の目標を教えてください。

広瀬

橋本崇載八段が言っていたことですが、「目標を持たないことを目標にする」ようにしたいと思います。要は一戦一戦がんばるということですね。敗れてもへこたれず、結果を残せるようにがんばっていきたいと思います。

中村

まずは、もう一度タイトル戦に挑戦したいと思います。タイトルを取るためにはここ数年が大事になってくると思うので、気を引き締めてまた一からがんばるつもりです。

瀧澤

お二人ともすでに実績がありますから、タイトルを獲得すること、そしてタイトル戦で戦うことも決して夢ではないと思います。将棋ファンとしても、早稲田の人間としても、またぜひお二人の対決を見せてほしいと思います。今日はどうもありがとうございました。

(前編へ)