早稲田大学の教育・研究・文化を発信 WASEDA ONLINE

RSS

YOMIURI ONLINE

ホーム > ニュース > 第148回芥川賞・直木賞を校友が受賞

ニュース

第148回芥川賞・直木賞を校友が受賞
黒田夏子さん『abさんご』、朝井リョウさん『何者』で

 1月16日、第148回芥川賞・直木賞(日本文学振興会主催)の選考結果が発表され、ともに校友である黒田夏子さんの『abさんご』 (「早稲田文学」5号掲載)が芥川賞、朝井リョウさんの『何者』(新潮社)が直木賞を受賞しました。

 黒田夏子さんは教育学部卒業。在学中に友人たちと同人誌を立ち上げ、卒業後は教員、事務員、校正者などをしながら書き続けてこられました。『abさんご』は第24回早稲田文学新人賞に選ばれ、今回の受賞へとつながったものです。

 朝井リョウさんは2012年3月文化構想学部卒業、現在は会社員として勤務しながら執筆活動を続けています。在学中の2009年に『桐島、部活やめるってよ』で第22回小説すばる新人賞を受賞。『もういちど生まれる』で第147回直木賞候補に名を連ね、今回、戦後最年少・平成生まれ初の受賞者となりました。

 お二人の更なるご活躍をお祈りします。

黒田夏子さん

朝井リョウさん

リンク

早稲田文学

映画「桐島、部活やめるってよ」公開記念 映画特別試写会&ティーチイン(オープン教育センター)

朝井リョウさん出席座談会「早稲田からクリエイトする」(早稲田大学校友広報紙「西北の風」)