早稲田大学の教育・研究・文化を発信 WASEDA ONLINE

RSS

YOMIURI ONLINE

ホーム > ニュース > 『グローバルエデュケーションセンター』開設 ”Waseda Vision 150” の実現を目指して

ニュース

『グローバルエデュケーションセンター』開設
”Waseda Vision 150” の実現を目指して

 早稲田大学では昨年11月15日、創立150周年(2032年)へ向けた中長期計画「Waseda Vision 150」を発表しました。その中で示した13の核心戦略のうちの「核心戦略2:グローバルリーダー育成のための教育体系の再構築」の具体的なアクションとして、2013年4月に「グローバルエデュケーションセンター」を開設します。

 暖かい人間力・深い洞察力を備えたグローバルリーダーの育成には、専門分野を学ぶ基礎となり、社会に出てから様々な世界で活躍するために必要となる基盤教育・リベラルアーツ教育(共通基礎教育含む)・国際教育をより充実させることが必要です。グローバルエデュケーションセンターではまず、従来、オープン教育センターで展開してきた全学基盤教育やリベラルアーツ教育、メディアネットワークセンターで展開してきた情報教育を結集するほか、学部の枠を超えた共通基礎教育を設けて、2014年度より随時展開する予定です。さらに、留学センターで行っている留学プログラムをはじめとして、留学準備・フォローアップ教育などの国際教育プログラムも集結させてゆきます。

クリックで拡大します

クリックで拡大します

 グローバルエデュケーションセンターでは、こうした様々な教育プログラムを体系的にカリキュラムとして構築することにより、各々の科目が有機的に機能することを目指します。また合わせて、グローバルエデュケーションセンターの教育プログラムと学部・大学院における専門教育との適切な接続を図り、上記の核心戦略が目指す幅広い知識と複眼的視点からの思考を身に付けたグローバルリーダーに相応しい学生の育成を実現します。

リンク

Waseda Vision 150

オープン教育センター

メディアネットワークセンター

留学センター